懲りない阿呆はきっとまたやると確信した冬至をとっくに過ぎた冬の午後

一体何度目になるのですかねぇ
懲りない質という奴は本当に始末の悪い物です
まぁ、此の諦めの悪さと、良い事も悪い事も余り長く覚えて居られない、と言うお気楽な体質のお陰で何とか此処まで凌いでこられましたから、此は此で良しとしなければならないのでしょうが、、、
好い加減なんとかしないとマヂでヤバイです ^^;

はい、皆様今晩は
前回より大方3週間経っております故、季節は冬至を過ぎ年末に向けて驀進中なう! な訳ですがお変わり御座いませんか?
正に「進撃の年末年始」と行った有様で、リヴァイ兵長を呼べ、、、と
25988627_480x483
「リヴァイ兵長」
否、アレは5巻で読むのを止めてしまった上に、原作しか見ていないんですがね 
51tqrvtuedl__sl500_aa300_
5巻で止めてしまった「アレ」

色々とプロットや設定、お話の進行は面白いと思ったので暫く新刊を追って居たのですが、、、
如何せん、何時まで経っても「絵が下手!」 ー"ー;
猫叉は漫画もアニメも大好きなのですが、余りに絵が下手な方とはお付き合い(読破)できない体質でしてね
先日久々に10巻を立ち読みしましたが、相変わらずの画質クオリティですな
彼処まで上手くならないのは或る意味「才能」と呼べるのでは無いかと
まぁ、そう感じさせもする希有な漫画家だと思います
否、何度も言いますが、プロットや設定、キャラクターの組み立て方などは非常に面白いと思うのですよ
結末だけは気になるので、完結したら最終巻だけは読もうと思っています

で、何処からアレの話になったんだっけ
ああ、リヴァイ兵長を呼べ、、からか ^^;
すみません
やっと通常運転に復帰出来そうなのでつい浮かれてしまいました
実は此の3週間と言う物、殆ど何も出来て居ません、、、orz
ブログの下書き処か、PCを開ける事すら適わなかったと言う始末
ああ、来年の目標は本気で
「1回/日、PCを開ける事」
「最低でも週に2回のブログ更新」
「オーケストラ噺に続きを書く事」
にしないといけませんね
只、年始に立てた目標は今までほぼ漏れなく挫折していると言う縁起でも無いジンクスがありますが、、、^^;;
まぁ、気長に頑張ります

で、何でこんなザマに成ったかと言うとですね
阿呆の様に「800km超単独日帰りドライブ」等と言う年甲斐も無い事をしでかしたからに他なりません
然も此の阿呆は、ほぼ同じ要件で昨年同じ様に「800km超単独日帰りドライブ」をやらかして居て「二度とやんねぇ! 」
と、帰りのSAに有るスタバで心密かに誓った筈なのです
まぁ、其れが今回こう言う事になったにはちょっとした訳が御座いましてね
本当は、レンタカーの乗り捨てが可能ならもっとラクに、然も帰りに色々と「遊べた」筈なのです
当初の予定では目的地近くでレンタカーを乗り捨て、帰りは夜行バスで朝帰り、
の筈だったのですが、レンタカーの乗り捨て料金という奴が余りにも高額な為、やむにやまれずこう言う結果に相成ったと
で、案の定、へばった、、、と ^^;
否、恐らく運転だけだったらこうもダメージ喰らわなかったんでしょうが、丁度其の直前に「風邪」を引きましてね
無理矢理治めて強行した訳です
ま、色々とスケジュールが押して居ましたし、個人的にストレスも溜まってましたから、丁度良い気分転換になるかなと

実は猫叉、車の運転が好きです
初代の愛車がインテグラだった事や、教師陣が漏れなく「往年の暴走族(走り屋)」と言う性もあるのでしょうが、結構「走るのが好き」ですし「結構走り」ます  ^^;
ま、この辺りの経緯は可成り以前の日記「紙飛行機にジェットエンジン」
http://bit.ly/1ie1Yr9>を御参照下さい
ああ、因みに今のBGMは専らクラシックですね
何気に師匠のベートーヴェンを聴きながら走ると結構「車を駆る」状態に成るので、軽く要注意ですw
ええまぁ、高速走行にはもって来い! なのですがね ^^;
市街地でやると結構「攻めの走り」になって仕舞うので「口汚く」なりますw
外には、マーラーとかプロコフィエフとかブルックナーとかが多いかな
落ち着いて走りたい時は、ジュリーニさんの「レクイエム」にワイセンベルグの「ピアノ曲集」をかけてる事が多いですね
勿論ストラヴィンスキー3大バレエはデフォルトですよ、アレは外せないw
と言う事で、半分以上「へばるよなw」と思いつつも征って来てしまったと、
まぁそう言う訳です
Fuji1m
某SAより雪を頂く霊峰富士を望む

指揮者にも「走り屋さん」が居ます
有名処だとムーティですかね
Riccardo_muti1
「リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)」
此の人はベンツで高速をかっ飛ばす事でも知られています
後、何気に検索を掛けたらこんな写真を拾っちゃいました
Zubin_mehta
「ズービン・メータ(Zubin Mehta)」
ほ~、昔からの恋人はアウディが好みですか
流石、良い趣味をして居ますなw

実は、師匠も生前車が好きだったそうで、御自分で運転していたそうです
以前図書館で目にした記事に依れば、車種はキャデラックだった様ですね
クリーヴランドはアメリカの工業都市ですから、此の選択は如何にもな訳ですけれど
もし彼が欧州に留まっていたとしたら何に乗って居たのだろう、とも思います
何だろうなぁ
大柄な方だから日本車は無理ですかね
初代のHONDAレジェンドとか似合いそうなんだけどなぁ ^^
Hrjpg J
個人的には臙脂色のジャガー辺りはどうかと思うんですけれどね
ああ、完全に見た目だけで判断していますw

さて、その車好きの逸話が残っている師匠ですが、、、
年間走行距離が、3000マイルだったそうです
然も此、全て自宅と練習会場の往復分らしいのですよ
確か、セルって昼食を食べに自宅に戻って居た言う記事を何処かで見た事がありますから、1日2往復ですね
さて、肝心の「3000マイル」って一体どの位でしょうか
確か、大体1.5㎞が1マイルと某元身近な本職に聞いた記憶があります
ちょっと計算してみますか
と言う訳で換算開始!
Wiki君によると
1マイル=1760ヤード=1609.344メートル、だそうですから
3000×1609.344=4828.032 ですね
と、言うことは
4828.032km/年 と言う事に成ります

此の数字、何か判り易い近似値は無いかと一寸検索してみました
――――――――――
《日本列島の長さ》
地図のソフトで計算すると、
日本最北端の択捉島「カムイワッカ岬」から、最西端の与那国島「西崎(いりざき)」までの直線距離は3,264km
――――――――――
との事なので、外に何と近いのかちょっとGoogle先生とWiki君にお伺いを立てました
――――――――――
4.350km=黄河の全長
4.800km=カリスト(木星の衛星)の直径
4.879km=水星の直径
――――――――――
何だか逆に良く判らなくなって仕舞いました ^^;

なので、ちょっと強引ですが別の観点から計算してみました

どう言う生活だとこう言う数字が出るのだろうか
と、言うことで 此処からは推測です

先ず、1年を365日として
仮に週休2日制だとする
一年は約52週なので
52×5=260
4828÷260=16.46

走行距離は自宅と練習会場の往復分の累計なので、単純に此を半分にすると約8.3kmです
で、昼食の為に自宅に帰って居たそうなので、更に此の半分ですね
と言う事は、片道約4.2km

自宅とセヴァランスホールは余り離れて居なかった様です
まぁ、師匠らしいと言えば物凄く師匠らしいです ^^;
尤も、彼がクリーヴランドに自宅を買うのは、クリーヴランドの名声が可なり上がってからの筈です
周りからは、或る程度名声を得たらニューヨーク・フィルへ移籍すると思われて居たそうですし、実際ニューヨーク・フィルからの招聘も在った様です
本人が直接バーンスタインからの要請を手紙で断っている資料もある位」ですから
其の噂を一蹴する為にも、自宅を購入する事でクリーヴランド管と共に征く事を表明したのでしょうね

さて、試算は週休2日としましたが、師匠は亡くなる前年まで毎年ザルツブルグ音楽祭に出掛けています
因みに1969年の演目は此方

Orchestra Concert: August 24, 1969
1.Beethoven: «Egmont» Overture op.84
2.Beethoven: Piano Concerto No.3 in c minor op.37
3.Beethoven: Symphony No.5 in c minor op.67
Emile Gilels (pf)
Wiener Philharmoniker

と言う事は、丸っと1ヶ月はクリーヴランドを留守にして居た訳ですよね
ならば、此の計算もう少し片道が長くなりますか

260-30=230
4828÷230=20.99

と言う事で、、、
大凡片道5kmの処から通って居たと言う事に成ります

なんか、普通に散歩で通える距離な様に思えて仕方が無いのですが、、、^^;
此の距離を車で日に2往復とか
何と言うか、まぁ、実に色んな意味で師匠らしいなぁ、、、
と、そう感じた冬の夜更けでした

Fleisherszell51m
ポチッとよろしく!

| | コメント (0)
|

紙飛行機にジェットエンジン

予備ネタ第2弾の「ヘルシング」ではなくて、またもや友人のつぶやきに触発された
スピンオフネタで行きます
ヘルシングに関しては、今日又一個面白い画像を入手したので、ファンの方は
お楽しみに

私の育った家庭は車がありませんでした
車どころか運転免許を誰も持っていなかったんです
親類縁者を見渡しても、自動車の運転免許を持っていたのが伯父1人きりという、
自動車王国のこの地では、有る意味希少な家庭だったと思います
正直、車の必要性とかは余り考えず、ちょっとした好奇心から自動車学校に通う事に
なりました
(因みに、私の地元では自動車学校の事を「しゃこぅー」と言う、アクセントは「こぅ」)
既に社会人だった私は、当然の如く夜間学校に通う事になります
仕事帰りに通えて教練のしっかりした学校を、と思い口コミで「厳しい」と評判のH校を
選んだのですが、意に反して順調に実地も教科も進み、何故か一発で合格して
しまいました
まぁ、なんだかんだ有りましたが、晴れて運転免許を持つことになった訳です
しかしながら、当然の如く運転する車が有りません
当たり前ですよね
私が20代後半になるまで誰も免許を取らなかったのだから
かくして「車」を「買う」為に「選ぶ」ことになります
ところが、買おうにも相談できる相手が身内に誰も居ない
仕方がないので、会社のオジサン達に相談する
ところがこのオジサン達、皆、色んな意味でタダモノではない
当たり前です
ヤツラは車のプロなんですから
車に関しては(も)百戦錬磨の強者共です
かくして私は、とてもマニアックなメカニックのお話やら、ちんぷんかんぷんな
専門用語の乱れ飛ぶ中で自分に合った車を探すハメになりました
それでも彼等は、とても親切に(本来オジサンと言う生物は親切なのだよ、諸君)
相談に乗ってくれましたし、全くの素人である私の、子供のようなくだらない質問
にも真面目に答えてくれました
ただ、如何せん、どうしてもマニアックな方へマニアックな方へと傾いでいくのは
致し方の無い事で、私もそれが楽しかった

結局、色々あったものの初代愛車はHONDA、インテグラ5door、ZSとなりました

800pxhonda_intagra_seitenansicht__2
クイントインテグラ(Quint integra)5door

ま、初心者というか、初めての家庭車がインテグラって云うのは、実は「はい?」
な選択だったんですが、
当時はそれなりの理由と云う物があってですね、、、
一.ハッチバック式で有ること
   当時はまだコントラバスを習っていたので、いずれ自分で楽器を買い、
   オーケストラに参加するつもりで居た
   何しろ無闇にデカイ楽器なので、当然開口が大きい方が積み込みやすい
二.4ドア以上
   母が「2ドアはイヤ」と、曰く、「乗りにくいから」、、、(涙)
   実はその当時、新車のプレリュードがマイナーチェンジの為(だったと思う)破格
   というか、あり得ない価格で買えると言う千載一遇のチャンスがあったのだが、
   母のこの一言でご破算に、、、(泣)

と言うよく解らんと云うか、勝手な条件で探すと
コロナとインテグラしか無かったのですよ
当時は、、、
で、当然の選択でインテグラになった訳です
というか、もうカタログ見ての一目惚れでしたね
今でもこの当時のインテグラが好きです
文字通り「愛車」でしたよ
その辺りからモータースポーツにも関心が出てきて、折りしもF1最盛期
マニアなオジサン達のお陰ですっかり耳年増になってました
若かったなぁ~、、、としみじみ(笑)

その時のCMは山下達郎の「風の回廊(コリドー)」でした

今でこそドライヴの友には、QUEENだのDEODATOだのを好んでかけて
おりますが、当時のBGMは山下達郎一本!
まぁ、コレにはちょっとした逸話が有って、ですね、、、
実はインテグラのCMって見た覚えがないのです
時期的にはドンピシャなので見ている筈なのに、記憶が全くない!
だからBGMに山下達郎をかけていたのも、たまたま一番運転に触らなくて且つ
好きなアーティスト、、、と言うだけだったんです
そんなだからオジサン達から「お前、ホンダの回し者か?」ってからかわれても、
今一、ピンと来なくて余計笑われました
因みに自動車学校での教練時代は、ベートーベンやマーラーをかけて運転する事を
夢見てました
実際に運転する段になったら、まぁベートーベンの障ること!障ること!
マーラーなんか論外ですわ!!

てな訳で、我が家の初家庭車は、晴れてインテグラ君に決まった、、、と
良い車でね
色々とトラブルもあった車ですが(暖機しないとエンストする、というAT車にあるまじき
行為とか)好きで、惚れて、初めて自分の貯金で買った車だから、
廃車にするときはマジで泣きました

それと、当時の私のお気に入りはプレリュード(二代目)で、またCMがなんと言っても
格好良過ぎて、、、
Youtubeを検索したのですが、残念ながら私の記憶しているCMは見つかりませんでした
<BGMがボレロ、雨の中を向こうからプレリュードが来て直前でライトを点けるヤツ>
なんですけどね
二代目プレリュードは一枚ワイパーで、コレがまた凄く目新しい上に、
リトラクタブルライトだったんですよね
で、向こうからバンクして来るプレリュードが豪雨の中でリトラクタブルライトを点ける、、、スローモーション
鳥肌たったモンです
これ以上は無いだろう!
と思っていたら、三代目が見事にコレを超えてくれまして、、、

思わずTVの前で嬌声を上げるハメになった、、、という曰く因縁のあるCMがコレ



全部探しきれませんでしたが、実はシリーズになっています
気になった方は検索してみてくださいな

閑話休題

さて、念願の白いインテグラ君が我が家にやって来ました
まず最初にやったことは、、、、、
オジサンの中でも「中年暴走族」「万年不良青年」の呼び声高いK氏に頼んで
ガソリンスタンドに着いて行って貰う事、、、
です
車の無い家庭故、ガソリンスタンドなぞ縁もゆかりもない未知の空間です
給油の仕方どころか、どんなガソリンをオーダーしたら良いのか、すら解らない
のですよ
呆れかえるオジサンを説得(コーヒー1杯で買収完了!)し、自宅近くのスタンドに
ついて行って貰いました
その時云われるままハイオクをオーダーした私は、その後律儀にハイオクを
入れ続け、結局、結婚して旦那から「不要」と聞かされるまで、インテグラには
ハイオクを入れ続けていました
<ふっ、恐ろしい物だな、若さ故の無知とは>
で、その後、再びオジサンK氏を拝み倒して、高速教習を行って貰う事に
(当時、教習所での高速教習はなかったんです、翌年高速教習会のような卒業生
向けオプションが出来、今は教習車での教習があるようですね、
珠に高速で教習車を見かけます)
いやぁ、教師を誤りましたね
とにかく初っぱなから
「おら、アクセル目一杯踏み込め!」「走れ!」「スピード上げろ!」「追い抜け!」
の連呼、、、以下省略

でも、走る楽しさを教えてくれたのはこのK氏を始め、なんだかんだ云っていても車が
大好きなオジサン達でした
またよく走る車でね、インテグラは、、、
オジサン達によく「紙飛行機にジェットエンジン」って揶揄されたもんです
当時の私のウデでは120km/h位までが限界で、それ以上出すと本当に
「飛んで行きそう」で怖かったし、、、

そう言えば、ホンダって自社開発でジェットエンジン造ってますねぇ
あの当時のインテグラに取り付けたら今度は本当に飛ぶなぁ(笑)
もっとも、オジサン達に云わせると「ホンダのは車じゃない、あれは2輪屋の
(造った車)だ」そうで、、、
トヨタは「見かけ倒し」で、日産は「所詮、走り屋かヤンキーか土建屋の車にしか
なれない」奴で、三菱は「どうでも良いところに金をかけ過ぎ、というか、どうでも
良いところにしか金かけてない」んだそうです
マツダは「真似ダ」だそうですし、スバルは「営業を何とかしない限り明日はない」
んだとか、、、
かといって外車を誉めるかというと、コレが更に、けちょんけちょんで笑えます
ボルボ「事故った時、とにかく車は無事(だけど人は死ぬ)」
ローバー「走っている時間より修理している時間の方が長い」
BMW「どこまで行ってもベンツに勝てない」
ベンツ「面白くない」とか、もうぅ云いたい放題でしたね

あれから、ホンダがF1で大活躍したり、マツダが世界初ロータリーエンジンで
ル・マン24時間耐久レースを制したり
(リアルタイムで見ていたヤツ、んで、感動して泣いたヤツ)
日産がゴーン社長に代わってGTRがリメイクされたとか、、、
そんな話をまたオジサン達としてみたいものです

今でこそ銀のステップワゴンを駆ってどこにでも出没していますが、免許取り立て
の頃は当たり前ですが、何のノウハウも無かったから、毎日6時に起きて自主練習
と称し一人で早朝ドライヴをしていました
というか、、、、、早朝まだ暗い内に出て、日の出を見ながら帰るのが楽しかった
楽しいのが一番の上達への早道です
但し、上手いか? と問われれば単に慣れているだけ、、、だと思います
何しろ、曲がりなりにもスポーツカーコンセプトなインテグラ
&中年暴走族なオジサン達仕込み+ひたすら我流
なので冗談にも「私は運転が上手いDEATH!」
なんて口が裂けても言えません!

なにしろ最初がホンダだったから、他社の車はどうも苦手で、、、
否、乗せていただく分にはまったくもって無問題なのですが、自分で運転する
となると何故か色々とイライラしてしまう(困)
それでなくても私は結構な短気なので、運転中に呪詛の言葉を吐く場面が多い
足とウデさえあればぶっちぎりで走りたい方でさえある位で、、、
まぁ、都会のど真ん中の道(確かに片側3車線だけどさ)で、自分の前にちょっと
強引に前へ割りこんできたスカイラインGT-Rを舌打ちして「若造め、生意気だ!」と
(本当にそう呟きました・笑)クラウンを駆って追いかけ回すK氏ら、中年暴走族な
オジサン達の直弟子ですからね(笑)
ウデの方はともかく(否、ソコ大事だから!)何時かはGTRに乗ってみたいと夢見る
オバサンは、今日もステップ君を駆って買い物に病院に遊びに見舞いにと
走り回っております

因みに私が乗ってみたいと思う「GTR」と言うのはコレ↓

02_nissan_gtr_specv580op1_2
因みに日産のスポーツクーペです

でも、とりあえずは「CR-Z」で良いです↓
10201037_201002_3

此方は私の好きなホンダの車でやっぱりスポーツクーペ、ハイブリッドカーです

見るだけで良い「テスタロッサ」
(逆に人が、たとえそれがどんな人であろうと、乗っていると何故かイラっとする)
は此方↓
10_2
フェラーリ・テスタロッサ、イタリアの車です、
ふぇらふぇら(フェラーリの勝手な愛称)は赤が本当に綺麗でねぇ


赤い跳ね馬は俺の嫁(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|