ペット

偶には猫の話

此は、何故私がブリーダー、それもメインクーンと云う特定猫種のブリーダーを始める等と云う暴挙に出たか、という「大失敗(Fiasko)」なお伽噺です
切っ掛けは或る日見せられた1枚のネット画像でした
46
その猫の名前は
「マホガニー・ラッシュ(GC,NW kanab's Luanne's Mahogany Rash)」
と言います
(正式な名前の見方等は、例によって過去日記「「天斬」と言う名前は、だな」をご参照下さい ^^; 
で、少しだけ補足すると、NWはRWの更に上で、全世界verでの年間入賞、と言う事になります)
彼は、文字通り伝説のメインクーンです
まぁ、何故伝説か、と云うと、ですね
そもそも「メインクーン」とは、とか、「純血種」とは、とか、愛猫団体「CFA」とは、
「キャットショー」とは、と言う大元の処から話を始めないといけないんですよ
此が、メチャ手間と云うか、果てしなく長くなります ^^;
然も、私がショーを離れてからルール改編がありましたからね
其の辺り、ちゃんと把握してからでないと間違ったことを云ってしまう恐れもあります
只、何れ此等の事柄を簡潔に纏めて判り易く解説し、血統書の持つ意味とか、何かと誤解されがちな純血種の存在意義と、彼等を愛し守るブリーダーの苦労とか、をお話ししたいと思って居ます
ですが、今日の所はwiki君へのリンクでご容赦下さい ^^;; スミマセン

Maine_coon_cat
「メインクーン」

Cfaj_linkb3
「CFA(リンク先は日本支部に当たる”CFA・JAPAN”です)」


で、まぁ何故私がブリードに手を出したかと云いますと

そもそもの初まりは我が家の最長老にして天性の保父さん
「龍之介(芥川龍之介より拝借、愛称・る~る)」
070930_05060001
の存在です

彼は宮崎のブリーダーから迎えた、我が家で初めてのメインクーンです
で、彼が余りにも良い子だったんで、つい地元の某今は無き猫専門店にて一目惚れした母猫の子を勢いだけで予約しました ^^;
其れが我が家で2頭目のメインクーンとなる
「麟太郎(勝海舟の幼名より拝借、愛称・りんた)」
Dscf01071m_2
です

で、またもやこの麟太郎が可愛い良い子でしてねぇ
調子に乗って千葉のブリーダーから迎えた3頭目のメインクーンが、通称「食欲大魔王」にして無敵の「べくしょい攻撃」を誇る
「レイ(レイ・ブラッドベリより拝借、愛称・れいくん)」
070930_05150001
です

其所で初めて私は「血統」という物に興味を持ちます
と言うのも、レイ君の両親はまぁそりゃあ色々と錚々たる顔触れと云うか、物凄い血筋の方々なのですよ ^^;
実は彼自身も一度だけではありますが、地元開催のTICAキャットショーで「Best Altfr(去勢避妊猫のカテゴリーでTop)」に選ばれた事が有りましてね ^^
まぁ、この時のお話しや私のキャットショー参戦日記は又別の機会にしましょう
色々と単純ではありませんでしたし、苦労も有りましたし、事件もありましたから

で、龍之介の血筋を辿って或る方にお話を伺って居た時に「彼のひい爺さんに有名、其れも超有名な猫が居るよ」と云う話になりましてね
其の方が早速ネットで検索して見せて下さったのが、冒頭に紹介しました「マホガニー・ラッシュ」其の猫だった、と云う訳です
文字通りの一目惚れでしてね
ああ言うメインクーンが欲しい!と強く感じました
所が其の時点でマホガニーは可成り以前に鬼籍でしたし、彼を主軸(メインスタッド)として猫舎を運営して居たブリーダーも、其の死後殆ど直ぐに肝心の猫舎を廃業していました
(実は、何故廃業していたか、可成り後になって其のやんごと無い理由が判明、と言うか知りましてね、些か複雑な思いに駆られました)
ですから、実質彼の直血統は其の時点で既に入手困難な状態だったのです

其所で、私はトンデモ無い事を思い付きます
得られ無いのであれば、自分で作り出せば良い
そうです
私は私の理想とするメインクーンを創りたかったんですよ
マホガニーの面影を追う事によって

結局、マホガニーの面影を持つメインクーンを産み出すには到りませんでした
が、別の意味で私は私の理想と思える様なメインクーンに出逢う事が出来ました
そして、彼の数少ない息子の内一番彼に似ている牡を今も自らの膝に乗せる事が出来ましたから、猫の神様は結果的に私の無謀とも思えるチャレンジに対し、其れなりの評価を下し、報酬を与えて下さったようです

私にとって理想のメインクーン
「狗隠(破壊魔定光の流刑体「狗隠」より拝借、愛称・く~にゃ)」
1m
<Gakincho Quon Of Tubaki>

と其の息子の内で色々と一番親父に似ている牡
「風太郎(山田風太郎より拝借、愛称・ふ~)」
091220_091200011 111013_21360001
<Tubaki Fhutarou>

そして私にとっては最も思い入れが強く、想い出も鮮烈な
(此方も過去日記「葵と言う名の猫」を御参照下さい)
「葵(愛称・あおにゃ)」
Dscf0672
<Tubaki Aoi>」

其の葵の生まれ変わりの様に感じた
「蒼獅郎(真田志郎と藤本獅郎から拝借、愛称・ちぇ~ちろ)」
Ca3k01531
<Tubaki Seisirou>

と、大事な友人経由で我が家に来るも早世してしまった
「綱手(NARUTOの綱手より拝借、愛称・つにゃにゃん)」
110721_15560003_2
<Tunade>

其の綱手の生まれ変わりにしか思えない位色々とやることがそっくりな妹
「姫(愛称・ひめめ)」
Ca3k01741m
<Tubaki Hime>

Ca3k02921m_2
「蒼獅郎」と「姫」の兄妹

風太郎と此の子達が私の元に来てくれた、其れだけでもう充分満足出来ました
色々と限界を感じて廃業したブリーダー業です
恐らく今後自らブリードに手を出す事はもう無いと思います
ただ、彼等メインクーン達とは一生付き合って行きたいと思って居ます
彼等は本当に良い伴侶になります ^^

そうですね
余裕が有りさえすればもう一度ショーに征っては見たいと思いますが、、、
征けば征ったなりに色々と真剣に成らざるを得ないので、多分行くとしても当面は見学で終わると思います ^^;
新しいショールールも未確認だし (汗

ああ、そうそう、キャットショーって自由に誰でも見学が可能なんですよ
シーズン中は結構各地で開催されて居ますので、実際に一度ご覧になると良い経験になるかと思います
最近はアンバサダーと言って、見学者の「解説」を受け持つ専門のスタッフもショー会場に待機して居ますし
そう言う方を通じて頂ければ、間近で文字通りトップクォリティな猫達を見ることが出来ます
前にも書きましたけれど、大概のブリーダーは自分達の猫種を愛して居ますから、可成り専門的な知識を持っています
其の守備範囲は半端な獣医師では太刀打ち出来ない位、詳細で且つ最新に渡る事すらあります
其れは其の猫種を愛するだけではなく、其の血統を維持継続して行くと言う責任を担っているからなんですね
其の自覚がありますから、プライドを持って猫を繁殖して行けるのです
と同時に彼等は一愛猫家でもありますから、そう言う小難しい話だけではなく、生身の猫達の話を色々としてくれる筈です
例えば、メインクーンであれば
何時まで立っても「メイクイーン(馬鈴薯)」と間違えられるのだけれど、本来は「北米メイン州(Maine)」の「アライグマ(Coon)」に似た尻尾を持つ猫、と言う意味である、とか
あんなにデカくて勇ましい風貌なのに鳴き声は小鳥のようだ、とか
猫なのに足音はするわ、全然忍ば無いわ、水遊びが好きだとか、雪が降ると狂喜乱舞する、とか、雷や地震があっても平気で爆睡し続ける、とか
素顔の彼等が巻き起こす数々のエピソードを、嬉しそうに語ってくれると想います
因みに、そう言う真面目なブリーダーは其の猫種の良い所だけを語るようなことはしません
必ずデメリットやリスクについても話してくれます
と同時に、其の対処法や管理法も教えてくれる筈です
まぁ、生きた歩く辞書ならぬ、生身のwiki君が実物付きで其所にある、と考えて下さればイメージし易いでしょうか
何と言っても一番のメリットは、ショップでは先ず見られる事の無い、其の猫種の完成形成猫ver.が見られる事です
或る意味、ブリーダーがオーナーとなる方に一番見て欲しい、と願っているのが此の「成猫」の姿なんですね
特にメインクーンは其の魅力でもある成猫の体型になるのに長い時間が掛かります
大体3~4才位で「ああ、君もやっとメインクーンらしくなったね」と私達ですら思う位ですから
そんな「貴重な」猫達が其れこそ選り取り見取り、近くで見放題なのがキャットショーです
是非一度お近くのショーへお気軽にお出掛け下さい ^^
色んな意味でソンはないと思いますよ 

さて、家の無駄にデカイ猫達もみんなそれぞれお気に入りの場所で寝始めました
私も寝る事にします

ではお休みなさい

つーか、君達其所を退きなさいw
と、確か昨日も言った筈だよねぇ、、、ーー;

Ca3k02831m_2
ポチッとよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

葵と言う名の猫

宇宙戦艦ヤマト2199の考察に使う画像を整理していたら、懐かしい物が出て来たんですよ

葵と飛燕の姉弟
Dscf11191
左が「葵・あおい、TubakiAoi」右が「飛燕・ひえん、TumakiHien」です

見ていたらどうにも泣けて来ましてね
ちょっと湿っぽい話になるんですが、思い出しついでなので宜しければお付き合い下さい

葵はブルー・クラシック・タビー&ホワイトの牝です
我が家で産まれた最初のブルーでした
ブルーと云うのはブラウンの希釈色で両親にダイリュートと呼ばれる希釈因子がないと産まれてこ来ないカラーです
ダイリュート因子は基本劣勢遺伝しますが、親が持っていても子が持つとは限らないちょっと不安定な遺伝子です
まぁ両親のどちらかがブルーの場合はほぼ間違い無く持っていると謂われているのですが、そこらは生き物相手ですから持っていても生まれて来るか否かは、猫神様の匙加減一つなんですね
後、ブルーはちょっと扱い辛いカラーでもあります
物凄くコートが柔らかくて毛玉に成り易く、当然シャンプーとかも可成り骨が折れます
ブルーを綺麗に仕上げられると云う事は、とりもなおさずシャンプーの基本がキチンと出来て居て尚かつ平均以上に”巧い”と言う事の証左にもなる、そんなカラーなんですね
また彼女は3度出戻る、と言うウチの最高記録保持者でもあります
非常に賢い牝で、それ故、他の猫には可成り手厳しい子でもありました
人に対しては文字通りのツンデレさん
本当にね
賢い牝はかくあるべし、と言う見本みたいな子でした
オマケに写真の通りの美猫さんでね
Dscf0671
当時は個人のHP(ホームページ)が主流でしたから、成長の写真を数日おきに更新していました
まぁ今でもブリーダー、特に猫ブリーダーはHPが主流だとは思いますが、此が正直結構な手間なんですよ
でも、当時は其れが当たり前と思っていましたし、私も仔猫達を撮るのが愉しくて成るべくこまめに更新するようにしていました
葵は仔猫の時から人一倍、否、猫一倍(笑)人目を引く子で、写真写りも良いお利口さんでしてね
そんな「目立つ」子でしたからウチのキャッテリーとしては珍しく何度か問い合わせを頂きました
実際に葵目当てに見学にいらした方も何人かいらっしゃいましたしね
でも、何故かウチから巣立っていかないんですよ
葵目当てに来た方も、どういう訳か別の子を指名して帰られるんですね
飛燕は最初から大柄でおっとり屋さんなのが判っていましたから、私の初「自家繁殖ブリ-ドでキャットショーにチャレンジ」を叶える為に「お残し」が決定済みでした
何回か問い合わせを頂いたり見学に来て頂いたりしている内に半年経っちゃいましてね
日本では半年経った仔猫はもう仔猫扱いされません(苦笑)から、基本「売れません」(笑
無償譲渡先を募集してお問い合わせを頂いた御家族の内、此方の条件を呑んでくださる方をピックアップして葵の嫁入り話を進めました
最初は近郊の若夫婦で、大人しいなんちゃってロシアンブルーな若い男の子(去勢済み)の御相手に、と言う事でした
実際に見学に来て頂き、先住猫が居る場合は相性がありますから、取り敢えず2週間トライアルと言う事で嫁いで行ったんですが、、、
1週間後に我が家へ帰って来ました ^^;
葵自体は別に威嚇するでもなく普通に振る舞っていたそうなんですが、なんちゃってロシアン君が葵にビビっちゃって、所謂家庭内「幻猫」になってしまったそうです
数日経ってもそんな状況が変わらなかったので、オーナーご夫妻と相談の上我が家に戻して頂きました
次は猫は初めてと云うご夫妻
何度かメールで遣り取りをし、実際に見学にも来て頂きました
その結果、とても葵を気に入って頂き、お二人に望まれて、望まれて、嫁いで行きました
葵もそのご家庭とお二人にとても懐き、互いホッとした頃、海外拠点に出張、しかも長期に渡るらしいとの事で、またもや我が家に出戻って来ました
そんな葵が10ヶ月を超えた頃、大家族のご家庭のお母様に見初められ、再度、嫁いで行ったのですが、、、
此方も1ヶ月後、先方のやむを得ない諸事情により三度我が家へ帰って来ました
もうぅね、こうなると
「お前ウチから出たくないんだね? ウチで子育てするかい?」と ^^;
葵も1歳に成っていましたし、タイプは決して悪い子ではありませんでしたから、我がキャッテリーの母猫バリエーションの一つとして手元に残す事にしました
是は当時の私には可成り思いきった決断でもありました
と云うのも、基本我が家で生まれた仔猫は「全て手放す」が当時の「信条」でしたから
そうしていないとブリーダーとしての私のキャパシティーを越えてしまうからです
どういう事かというと
渡した猫が飼育困難に陥った時に、頼りになる「駆け込み寺」で無ければならないからです
何時でも何処でも「出戻り」可!
と言う事ですね
ブリーダーはオーナーの一番の味方であり、相談者であり、避難所であるべき、と言う事です
オーナーに何か起きた時
例えば、病気や海外出張、介護、事故、ぶっちゃけ何でも良いんですよ
何かトラブルが起きた時に「力」になれてこそのブリーダーなんです
当然、渡した猫を引き取ることも視野に入れてサポートします
是が出来なくちゃ只の繁殖屋にすぎません
多くの愛猫団体が野良猫や保護猫達に対して行っている事が出来なくて、何がブリーダーですか?
他は知りませんが、私が色々と直接教わった先輩ブリーダーやベテランブリーダー達はみな「同じ事」を云い、実行していましたから、当然の義務だと思っています
さて、我が家に残る以上、色々とやらなければならない事があります
そんな一つがショーに参加する事でした
幸い、葵は弟の飛燕と共に参加愛猫団体へのナンバー申請と登録は済んでいましたから、甘ったれでのんびり屋で今一ボケボケな飛燕と一緒に連れて行き、審査して頂く事にしました
この写真はそんな「今一頼りなくてボ~っとしている弟」に付き合って参加したショー会場での「賢くて頼りになるお姉さん」な葵のスナップです

良い子でしたよ
Dscf11181

ショーでも宿泊先のホテルでも
Dscf11331

そして成績もなかなか良かったんです ^^
一番御世話になったブリーダーさんや、ウチの屋台骨のラインを下さっているブリーダーさん、葵の血統に繋がりのあるブリーダーさんとかにも、会場で直接葵に有って頂き、我が家の繁殖ラインに加える事でお披露目し、皆から了承を頂きました
さてこうして、無事正式に葵を残す事になりましたから、飛燕は我が家から出さ無ければ成りません
HPでオーナーを募集しようかと思った時に、ふと思い出したのがRちゃんです
彼女は、行きつけの爬虫類ショップの店員で、以前「一度本物のメインクーンが観てみたい」と云われた時に、彼を連れて行った事があります
なので一寸声を掛けてみたら、大喜びで「お迎えしたいですぅ!!!」と ^^
そう言う訳で、飛燕は無事彼女宅に嫁いで行きました
今も彼は彼女の御家族に愛されて、のんびりと元気に暮らしています

葵はその後ウチで産まれた仔猫達の良きお姉さんとして、立派に役目を果たしてくれました
只、可成り気の強い子でしたから、なかなか牡を受け入れなくて自身の仔猫は授かりませんでした
牡の方が、ね、、、なにせ当時のスタッドが天斬でしたからね
彼奴、今一淡泊なんですよ ^^;
今居るジャックならきっと気長に葵に付きまとい、最終的には口説き落としたと思うんですけどね
否、血統的に掛けられはしませんけど ^^;

そうこうする内に葵に異変が起きます
足がもつれるようになったんですね
丁度其の頃、やむなく保護したシャム柄の仔猫がFIPを発症していましてね
他の猫達とは完全に隔離して治療していましたし、残念ながら2週間ほど闘病し小さい身体(離乳前でした)で凄く頑張ってくれたのですが、力及ばす逝きました
その後、獣医師の指示で屋内の消毒とか可成り気を使ったのですが、影響が出たか!と文字通り青くなり、急いで掛かり付けの動物病院に連れて行きました
幸い葵はFIPではありませんでした
が、かと云って、何が原因か全く判らないのです
あれこれ検査したり、主治医の方でも文献や症例を捜して頂いたりしたのですが、結局、原因不明の神経症状と云う事しか判りませんでした
一時的な物かも、と言う事で暫く様子を見ていたのですが、一向に治まる気配がありません
最終的に少量のステロイドを試す事になりました
是が秋の事です
ステロイドは良く効いてくれたようで、足のもつれは随分改善され殆どなくなりました
けれど、今一危なっかしいと言う事で、主人に頼み込んで彼女1人寝室に隔離することにしました
当時、我が家で唯一猫禁の場所が寝室だったのですよ
と言うのも、猫達って明け方大運動会をする事が多くてですね
ほら、メインクーンってデカイでしょ?
でもって彼等は遠慮無く人を”踏み”ますからね
安眠妨害も甚だしくって ^^;

何度も言いますがとても葵は賢い子でしたから、直ぐに自分の置かれた事情を察知したようです
彼女の為に小さなケージを用意し、其処に入って貰う事にしたのですけど、是が不評でしてね
まぁ当たり前です
我が家では余程の事がない限りケージには入れませんから
なので、人が寝室にいる間だけケージに入って貰う事になったのですけれど、
是が殆ど直ぐに「寝る時だけ」になり、主人が部屋に居る時だけになり、結局1週間後には其のケージその物を撤去していました(笑
寝室での葵はとても穏やかで、相変わらず賢くて、粗相なんか一度もせず、でも、少しだけ甘えん坊になりました
夜は私の右枕元に置いた猫ベッドで寝るのがお気に入りでした
そんな日々が穏やかに過ぎて行ったのですけれど、確実にステロイドの量は増えて行き、毛艶も悪くなり少しずつ痩せて来ました
些か不活動になりはしましたが、それでも葵は昔のままの葵を保ってくれていました
我が家では毎年年末年始、猫達をペットシッターにお願いしてオスカー(先代犬・スタンダード・プードル)連れで主人の実家に帰省していたのですが、流石に葵の現状から家を空ける訳にはいきません
年末年始は私だけ猫達と共に家に残る事になりました
その年の年末、最後の診療日に何時もの様にステロイドを打って貰い、薬を調合して頂き、休診期間中の緊急連絡先(夜間休日診療所)を伺って帰りました
其れが28日の事です
その年の大晦日、葵は何時になくご機嫌で、珍しく何時までも猫じゃらしに反応して遊びました
行く年来る年を一緒に観、何時もの場所で一緒に眠りました
新年明けて2日、葵は静かに逝きました
私がちょっと所用で彼女の側を離れた、その間に、、、

今年の春、我が家で最期の仔猫達が産まれました
ブルーが居る!
41gifxzrhil__sl500_

その瞬間、私の脳裏に浮かんだのは「葵が還って来た!」と言う事でした
飛燕に似た大柄で、おっとり屋さんの牡なのですが、面差しが葵に似て居るんですよ
否、もうカラーが一緒と云うだけの半分以上思い込みなのは自分で判っています
血統的に近い物は無くはないのですけど、ラインが全く違いますから
でも、此のタイミングで産まれて来たブルーの仔猫は、私に葵を強烈に意識させたのですね
因みに、我が家では今までにブルーは今回の仔猫を含めても3頭しか産まれて居らず、全て牝でした
葵の血統を断ちましたから
ブリーダーはこう言う時、ありとあらゆる事実を検証し、文献を調べ、時には先輩諸氏の意見を伺い、様々の物を天秤に掛け、其の血統を「判断、検証」します
いい加減な判断を下せば、必ず次世代の猫達からしっぺ返しを食らいます
が、逆に熟考を重ねたとしても「見通せなかった」事柄が出て来る事もあります 結果がどう転ぼうと全てブリーダーとして判断し行動した、己に返ります
そうした諸々全てをブリーダーは受け止めなければならないんですね
で、常に次を考える
原因を考える
予防策を講じる
それでも、結果が思うようにいくとは限りません
相手は生き物ですから
然もブリーダーはブリーダーである以前に一愛猫家で無ければ成りません
ですから当然、色々と障害を持って生まれた子や、葵のように原因の分からない病に倒れた子等は其のブリーダー自身が責任を持って最期まで面倒を見る訳です
だからこそ色々な面で「キャパシティ」が必要なんですね
物理的、精神的、経済的に余裕がないととてもブリーダーなんて務まらないのにはこうした素地があるからです
最期に生き物の生き死にを直接扱うのがブリーダーでもあります
当然「救えない命」に直面します
其れは「本当に救えなかったのか」という激しい後悔と自問自答の始まりでもあります
やれることはなかったのか
本当になかったのか 処置は適切だったか
自分の取った手段は最良だったのか
其れの果てしない繰り返しです
色んな意味で精神的に強く、且つ、ぶれない軸を持たなければなりません
そういう覚悟がないのなら繁殖なんかに手を出すべきではありません
結構日々が闘いの毎日ですから
然も、キャットショーに本格的に参加すると、更に熾烈な闘いが待っていますしね
だから、「ショーは戦場」で「猫は戦友」なんですよ
誇張でも何でもなく「戦場」で「戦友」なんですね
だから「愉しく無い」ととてもやっていられない訳です
今回、ブリーダーを無期限休止することにしたのには、一言で言うと「今は色々と限界」だからです
結構私なりに悩んだり迷ったりした結果、そう言う結論に達しました
猫以外にも爬虫類系でも2~3取っていたんですけど、其方の動物取扱業も一緒に返納してしまいました
現在登録しているのは、所属しているアメリカ本部の愛猫団体のみ、です
個人的には、猫のブリード等と言う物は”窮極の趣味”で有るべきだと思っています
まぁ、真面目にやればやるほど実際其の通りなんですね
当然、趣味の世界ですから「収支なんか度外視」もいい所です(笑
なので余計楽しめなくちゃ意味がないんですよ
辛くなったら、、、止めるしかない
取り敢えず今居る子達を健やかに保つこと
其れが最優先で今一番重要なこと
そう結論しました
自身がまた飼育、ショーチャレンジを楽しめるようになったら、、、その時また考えよう

そんな事を思って居た時に、他ならぬ葵の面影を携えたブルーの仔猫が産まれて来たのです
Ca3k0111

私は色んな思いと共に、其の仔猫に先日「蒼獅郎(せいしろう)」と名前を付け、アメリカ本部の愛猫団体に登録しました
ブルーなので蒼(あお)
青いと言えば「真田志郎」なので「しろう」
「しろう」と言えば「藤本獅郎」なので「獅郎」
まぁ愛猫団体の登録はアルファベットですからどう漢字を当てようと「SEISHIROU」になるんですけどね ^^;

Ca3k01531

Ca3k01571_2
「蒼獅郎(せいしろう)」こと「TUBAKI SEISHIROU」

長文にお付き合いくださり有り難う御座いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|