« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月

漂流者達(DRIFTERS)

さて、続きましての話題は、と言うと
久々に「ドリフターズ」で行きましょうか
と、言ってもコントの「ドリフターズ」ではありませぬ
平野耕太画伯の漫画「ドリフターズ」のお話で御座います
Drifters_2
「ドリフターズ」

此の「ドリフターズ」ですが、画伯の前作「HELLSING(ヘルシング)」
其のOVA10巻に初版特典と致しまして、DRIFTERSのショートアニメが載って居ます
実は、此奴が単なる "オマケ(サービス)" 等では無く、正式なアニメ化として密かに制作が進行して居る様です
いえね、前々からTwitter等で画伯本人が呟いていらっしゃたのと
掲 載誌である「ヤングキングアワーズ」に、此の所「アニメ情報」がしばしば載るのですね
可成り前から気にはなって居たのですが、なかなか調べる時間と機会が無くて、ですね
否、「PC開ける頃には、忘れて居る」 と言う、何時ものパターンで御座います、、、orz

件の月刊雑誌に2~3ヶ月前頃から、アニメ版の公式HPが出来たらしい記事が載っておりましてね
観たいなぁ、折角なので、アクセスしてみなきゃ、と思いつつ、
諸事情在って、肝心のPC本体が開けられない日々が続き、
そして、例によって「PC開ける頃には忘れている」 法則発動の連続w
で、今に到る、、、と
今回はなんとか、覚えていて検索してみた、、、と言う訳です

公式HPは此方
Animehp_2
「DRIFTERS」<http://www.nbcuni.co.jp/rondorobe/anime/drifters/>

此所の「京まふ上映PV」ボタンをクリックすると映像が始まります
う~ん、相変わらず音楽が格好良いですねぇ ^^
作画は「HELLSING」OVAに引き続き、中森氏が其のまま担当して居る様です
と、言う事は、彼のメンバーがそのままスライドして居る、と考えて良いと思います

youtubeVer は此方
「ドリフターズ 京都上洛記念 期間限定公開 京まふご当地PV 」
Drf
<https://youtu.be/d4DcCVIPJJ0?list=LLHgJJ33K_iAOQdi6OZdo20g>

公式HPでは、なんと「黒王」様御本人がTwitterで宣伝部長をなさっていらっしゃいますw

皆様、宜しければどうぞ「フォロー」の方を ^^;
320553  Uavjchjy_400x400_2
ENDStheBLACKLOAD@ENDStheBL

「HELLSING」OVAでもそうなのですが、
彼の画風は、カラーよりもモノクロの方が迫力がある、と言いますか、
黒と白が無言で訴えて来る奥行きと、力場の様な独特の世界観があると思います
例えて言うなら「水墨画」 の様な感じ、とでも言いますか
アニメ化は、其の辺りの独特な白と黒の世界(モノクロ)を、如何に彩色(カラーリング)して行くか、が、結構重要な「鍵」ではないか思って居ます
其の辺り、特典映像(OVAオマケのショートアニメ)にしても、今回の此のPVにしても、
実に上手く色付けがなされて居て、違和感なく仕上がって居ますね
流石は、中森氏率いる「HELLSING」メンバー!
良~~~く、解っていらっしゃる!! と、感心する事しきり

アニメーター達に愛されて居る画伯は、本当に幸せ者だと思いますし、
其の "おこぼれ" に預かれる、我々ファンも負けず劣らずの幸せ者だと、思わずには居られません

さて、
お話其の物は、休載、休載、連載、連載、休載、連載、休載、休載、、、、と言った
相変わらずの「超スローペース」ながら、順調に進んでおります
なんやかんや地味にお話が進んで居る原作の方ですが
取り敢えず、最新情報としては、、、
織田信長こと第六天魔王、通称「のぶのぶ」の天敵が廃棄物(ENDS)側に来た、、、
と、だけ申しておきましょうか
まぁ、廃棄物(ENDS)側に此まで軍師と言うか、武将頭が居ませんでしたからね
コレで少し均衡が取れましたかな?
実際の処、黒王軍にはとんでもない " 戦力 " が加わったので、単純な力関係だけで行けば、相当不利です、漂流者(DRIFTERS)側
戦は、基本、物流を含めた数、兵力の勝負ですからね
「天は大軍に与する」のがセオリーのシビアな世界です故
戦力的にも、戦術的にも、此からどんどん苦境に立たされる(であろう)「のぶのぶ」の戦い様が実に楽しみです
Image2587jpg
此までは、割と漂流者(DRIFTERS)側有利に話が進み、順調に役者(兵力、戦力、支援者や指揮官等)が揃って来た感じなのですが、
此の所、色々な不安定要素と言うか、廃棄物(ENDS)側に強力な新メンバー(言わずと知れた金柑頭)が参陣、とか、
黒王軍の圧倒的な人員構成と布陣とが、少しずつ明らかになって来て居ます

前作の「HELLSING」でもそうなのですが、結構、先が読めそうで読めないのが平野耕太氏の漫画ですからね
此の先、どう言う展開が待って居るのか、とても楽しみです
「のぶのぶ」は、此からが正念場でしょうねぇ
と、言うより、「のぶのぶ」と「愉快な仲間達」との連携が、本気で試される気がします
そう言う意味においても、今後の展開が非常に楽しみなのですが、、、
ま、先月は「艦コレ」の大きなイベントがあった様ですからね
「休載」でしょうなぁw 溜息
と、半分以上諦めておりましたら、なんと! ちゃんと載って居ました!! @@
大変失礼致しました! & 有り難う御座いました! <(_~_)>
此の分なら、待望の「5巻」は、来年夏頃にはなんとかなりますでしょうか ^^;

さて、件の「5巻」ですが、誰が其の表紙を飾るのでしょうか
今までの流れから行くと「のぶのぶ」に対峙する "モノ (廃棄物・ENDS)" と思われますので、
「金柑頭」氏が妥当なのでしょうが、何しろ出て来たばかりですからねぇ、、、
どうなるのかなぁ
順番から行っても「廃棄物(ENDS)」ではないか、と思うのですがね
ラスプーチンかなぁ
20130702000016633_2

それか、此処等で満を持しての「10月機関」登壇! でしょうかねぇ
そうすると「晴明」と「愉快な仲間達」かなぁ
E5908de7a7b0e69caae8a8ade5ae9a20523
晴明自身、最近ちょくちょく出て来て居ますし、、、
先日(?)もENDSの砦に忍び込んで義経とやり合ったりして居ましたしね
11月号にも少しだけだけど、出て居たしw 
もしかしたら、まさかの「此の方」か? ^^;
Img_1000_2

個人的には、只今一番御贔屓なキャラクターである「山口多聞」提督が、
此の所、割とコンスタントに登場して来て居ますので、地味に嬉しいです ^^
01c1415bb9d81a333de231733d1e3dc1

後は「バルカ爺さん」の名言と言うか、「鋭い指摘」が良いですねぇ、実に渋いですなぁ
Hannibal_barca
格好良い爺さんは、2次元3次元、古今東西に関わらず、猫叉の大好物で御座いますよ♪

で、結局、5巻の「表紙」は一体誰になりますかのw 
Dorifts
ポチッとよろしく!

| | コメント (0)
|

猫叉、航空祭に征く

些か古いネタになってしまったのですが、やっとこさ画像の整理とPhotoshopが済みましたので上げてみることにします ^^;
と、言うのも、ですね
征く前日の夜更けになって、デジカメが行方不明だという事実が判明致しましてね
もう、今更どうにもなりません、主に時間的に ー"ー;
画像は全てガラケーのカメラで撮った物です
流石に其のままではUPし辛い為、Photoshopで出来る限り補正し、トリミングをしました
ですので、画像の質の "イマイチ" な処はどうぞご容赦下さい <(_~_)>

さて、当日は、朝から文字通りの「快晴」で、風も無く、実にお祭り日和な1日でした
実は、可成り以前から征きたい、征きたいと思っていた航空祭
何時も気付いて調べた時には、地元の開催が終わって居る事が多く、
なかなか其の機会に巡りあえずに居ました
と、言っても、只のリサーチ不足に他ならないのですがね ^^;;
今回、やっと念願叶って 「航空自衛隊岐阜基地」 の航空祭に出向く事が叶いました
もぅぅね、前日からウキウキそわそわ
遠足前の小学生状態でしたよw
諸事情御座いましての単独行ですが 其の分気ままに楽しんで来られました ^^
まぁ、猫叉、超我が儘です故、此の手のイベントは、基本「単独行」がDefaultで御座います

今年は事前に「ブルーインパルスは来ない」と言う情報を得て居ましたので、
「空いて居るのではないか」と思ってたのですが、なんのなんの
会場1時間以上前に到着したにもかかわらず、既に長蛇の列!!  @@
入場は「3グループ目」となりました ^^;
う~~ん、初めてなので、時間には可成り余裕を持って出た積もり、だったのですがねぇ
来年はもう30分早く出る事にしようと思って居ます
否、ブルーインパルスが来るのなら、最低でも今年の1時間前には出ておいた方が良さそうですね ^^;;;

誘導員の指示に従い、基地の門をくぐります
予想はしていましたが、、、、セキュリティーチェックが凄い人混み @@!
まぁ、迎える側も慣れた物です
チェックも(金属探知機)と、持ち物検査も手早いので、さして待たされる事無く入場出来ました
航空基地に立ち入るのは初めてです
うわあ、広い~~~!と、つまらぬ処で感動したり (当たり前ですね ^^;)
沢山の売店に、思わず足が向きそうになるのを必死に堪え、足早に飛行場へと向かいます
此所まで殆ど脇目も振らずの "一直線 " なのですが、最初の飛行実演ギリギリでした
にも関わらず、気が付けば殆ど最前列で 文字通り目の前にF15とF2が居たと言う ^^;;

ああ、憧れの蒼いF-2が居る! 殆ど目の前に居る!!
あの「ヴァイパーゼロ」と呼ばれる、殆ど国産で変態の名の誉れ高い機体が其処に居る!
F2_00691m F2_01531m
(大元であるF-16の愛称が「ヴァイパー(毒蛇)」、空自導入が2000年、零戦、
其れ等に因んで開発社のロッキ-ドマーチンの人達がそう呼んだのが始まりなのだそうです)
やっぱり間近で観る戦闘機って、本当に格好良い!!!

空には一点の雲も無く青く澄み渡り、風も無い
絶好の航空祭日和だったと思います
余りにも快晴で、逆に一旦空に戦闘機が上がってしまうと見失ってしまう程でしたからね
望遠撮り空さん達は、さぞかし良い写真が撮れたのではないでしょうか
ガラケーのちゃちなカメラからですら、妙に格好良い物が撮れて居たりしましたから
F15_004711m
然も、殆どかぶりつき状態なので、まずもって音が凄い迫力!
お陰で、丸一日地味に耳鳴りがして居ました 
うん、来年は耳栓と帽子必須で行かないとなw

初めて生で観ましたが、編隊飛行が文字通りの「変態飛行」でしたね
F4_00131m_2 C1_01591m_2  
輸送機と戦闘機って安定航行速度が全然違う筈ですよね
もっと言うなら、同じ戦闘機でも、F-2、F-4、F-15と、
可成り異なった性能の機体でこんなに綺麗に編隊組むのは難しいと思います
異種混合処か一世代前の輸送機と、ですよ?
此が「変態飛行」じゃ無くてなんなのでしょうかw
誰かが「ブルーインパルスが来ないから逆に「本気」が観られた」
と現場で呟いて居ましたが、正に其の通りだったのでは無いかと思います
 C1_01551m_3 C1_015611m_5

今回、間近、本当に間近で見て初めてF-4を格好良い、って思えました
特に60周年記念塗装verの機体を観た時、「成る程、格好良いわ、コレ」と思いましたね
F4_01421m 
F4_01361m
「60周年記念塗装verのF-4」

大好きなF-2は、地上に居るときは小さくて華奢な感じがするのに、
一旦空に駆け上がると性格が豹変する感じです
F_00211m_2
「辛うじて撮れた機動飛行中のF-2」
スピード、機動性共に「すげぇ」の一言に尽きるし ^^;
晴天なのに、機動飛行されると肉眼ですら見失う事があった位
まぁ、此方が慣れていないだけなのかも知れませんが
事前に「こう飛びますよ~」ってアナウンスが入るのだけど、其れでも肉眼で追うのが性一杯でした
F-15は、機体がデカイから、早いけど割と追える
F15_00831m F15_00871m
F-4は、そこそこスピードが緩い性か、割と撮れる
F4_00191m F4_00221m
処が、F-2は機動性能が半端無いから、簡単にフレームアウトしてしまう
元より、ガラケーのちゃちなカメラ機能しか持って居ない猫叉は、早々に写真を諦めて唯々観ておりました 、、、orz

しかし、アナウンスを担当して居た「ツチヤ2曹(女性)」って結構有名人かも知れない ^^;
否、面白かったんですよ
アナウンス其の物は、途中で何人か交代して居ましたが、彼女のが一番楽しかった様に思う
アフターバーナーの紹介で、
「炎を出してバリバリととっても煩いヤツ」とか
F-4が編隊で離陸して征く時の紹介で
「まだまだ若い者には負けん、と言って居るおじさん達に応援を宜しく」とか
例の「変態飛行」の時など
「なんと戦闘機9機!大盤振る舞いです」とか
恒例(らしい)F-2とF-15の加速競争の時には
「どちらが早いか競争のカウントダウン」とか言いつつ
さぁカウントダウン!となったら「1、 GO!」だったり、と
なかなかにユニークでしてね 
実際には、ジェット音が凄くて聞き取れない箇所が度々あったのは残念でした

後、F-4パイロットのノリが凄く良いのに吃驚 ^^;
F4_00311m   F4_00321m_2
観客の前を通って滑走路に向かうのだけど
一番ノリノリで手を振ってくれたのは、彼等F-4乗り達でした ^^
F4_00301m_3

雰囲気だけで言うと
F-2のパイロットが一番シャイな感じで、
F2_00331m
F15はそこそこサービス精神があるな、、、と言う感じかな?
F15_01771m
多分、其の辺りもF-4にファンが多い「所以」なんじゃ無かろうか、、、と思った次第
否、思い出した、次第w
F4_0061
             「F-4 勢揃い」
Uh60j_01051m T7_00251m
 「UH-60J(ヘリ) 他勢揃い」       「T-7(最初の飛行機) とF-15」

F2_00061m_2 F2_000610m
     「F-2帰投」             「F-4帰投」   
余りに素人な猫叉はエアブレーキの存在を知らず、思わず隊員の方へ
「F-15が帰ってくる時に立てて居た "シャチの背びれ"みたいな物は何ですか?」
尋ねておりました ^^;
F15_00051m
「 "シャチの背びれ" を立てて帰投するF-15」
F15_00981m_2 F15_01031m_2
 「珍しい戦闘機の背中w」   と    「迫力の後ろ姿(F-15)」
F15_01041m
「個人的に一番ツボった「踏むな」のペイント」(F-15)
T4_01001m T4_00601m
「60周年記念塗装verのT-4」       「帰投したT-4」
F2_01321m
「以前、帰り際に上空をPassしていった3色カラーのF-2」
F2_00281m
其れが、目の前を通る!
F2_01641m
            「F-2が征く!!」

Kc767_00071m
   「KC-767 空中給油デモンストレーション飛行」
Kc767_00041m
       「KC-767機動飛行」

今回、実際に航空祭に行って沢山の戦闘機や自衛隊機、ヘリなんかを観てしみじみ思った事は、と言うと、、、
やっぱり輸送機が1番好き♪
と言う事でしたね
今回は、C-1だけで無く、
C1_00881m_2
「駐機中のC-1」
彼の "XC-2 " までが目の前に!!
Xc2_00911m

Xc2_00891m Xc2_01081m
其れも、実際に飛んでいる姿を生で観る事が出来るなんて!!!

Xc2_01301m

Xc2_01311m Xc2_01241m

Xc2_01291m
「T-4 と XC-2」

本当に嬉しかったですし、楽しかったです ^^
元よりデカイプロペラ機が大好きで、ハーキュリーズを観に度々某スカイラウンジに出没する位なので
まぁ、当たり前と言えば当たり前のお話、なのではありますが ^^;

うん、来年は必ず小牧基地の航空祭に征くぞ!!!
大好きな「ハーキュリーズ」を間近で沢山観られる、なんて
もうね、猫叉にとっては至福以外の何物でもありませんから ^^
C130_2 Pap_0321
 「C-130輸送機」通称「ハーキュリーズ(Hercules) 」
航空祭の帰り道、もし、空自に居るとするなら、
整備部隊の中堅か輸送機の操縦士が良いな、、、、
とか、勝手に妄想を拡げて居た猫叉でした ^^;

大変遅ればせではありますが、
岐阜基地の皆様、どうもお疲れ様でした
そして素敵な1日を本当に有り難う御座いました
来年もまた宜しくお願い致します


翌日は朝から仕事だった猫叉は、最後の編隊飛行でF-2が帰投したのを見届けて直ぐ基地を出ました
おかげで待ち時間なしで帰りの電車に乗れたと言う、、、
其れは其れで大変有り難かったのですが、後からyoutube等で当日の動画を検索した処
KC-767が小牧基地に帰る際「バイバイウィング」をして行った様ですね
うおぉ、直に観たかったなぁ
、、、と、言う事で、来年から航空祭の翌日には「休み」を入れる事を心密かに決意した猫叉で御座いました、、、orz

其れでは最期に公式から綺麗な画像をどうぞ ^^
05_1280_1024
ポチッとよろしく!


 

| | コメント (0)
|

ガラホとは 何ぞや

Maxresdefault_3
「銃剣神父ことアレクサンド・アンデルセン」

いきなりの銃剣神父登場で実に不穏な始まり方ですが、、、
はい、中身は別に不穏でも何でも無い只の近況で御座います ^^;
ですが、一応youtubeのリンクを貼ってみたりもしていますw
宜しければ「強力若本」の迫力有る台詞回しをご堪能下さい

「【HELLSING】汝らは何ぞや【OVA5】 」

 Hellsing1jpg_2

実は、猫叉、余りの不便さに堪えかねてとうとうガラホに乗り替えました
其の経緯と使い勝手の報告をば、、、と言うのが今回の主題です
ええ、銃剣神父なぞ何処にも出て来ませんですよ、本来w

えっとですね
先ずはガラケーとは何ぞや? と申しますと
「ガラパゴス携帯」の略称なんですね
「ガラパゴス携帯」とは何ぞや? と申しますと
ま、日本だけでしか売れない通用しない携帯の事です

孤島故独自の進化をした「ガラパゴス諸島の生き物達」に準えた命名ですし、実際彼等らの生き物達に近い「希少性」があります
まぁ、世界戦略的には "失敗" 何でしょうが、日本で暮らし使用する分には不自由がなかった訳です
其奴が、スマートフォン等と言う "外来種" にシマを荒らされまくった挙げ句、絶滅危惧種になったと、、、
此の辺り、ゾウガメのロンサムジョージに近い物がありますなw
Lonesome_george
「Lonesome George」


個人的にはスマフォのメリットが殆ど無いので、永遠の「ガラケー使い」で良かったのですがねぇ
兎に角、侵食が酷くて、ですね、、 泣く泣く諦めたと言う  ー"ー;
元から某顔本の使い勝手は酷い物だったのですが、Twitterが殆ど見られない状態になりてましてね
仕方なくPC開けた時に一気読みして居たのですけれど、此所2ヶ月程前辺りからWikipedia君やGoogle先生が使えなくなったのが致命的でした
兎に角、出先で何か調べようと思い付いても肝心のサイトが開かないんですよ
アクセス出来ない
ぶちゃけ、メモを取っておいて、後からPC開けて調べりゃ其れで済む話ではあるんですがね
猫叉、そんなに気が長くないし、物覚えも良くないw
と言うより、思い付いた時、正に其の時 調べておかないと大概忘れて居ます ^^;
第一PC自体、コンスタントに開けられないですしね、現状では
其れで無くとも、やっと開けたPCを前に大概別の事に気を取られて居ますし
結果、調べる事柄其の物を忘れ果ててる、、と言うのがDefaultですし、おすし、、、orz

一寸前から気にはして居たのですが、先日偶々時間が空いたので久々に携帯ショップに立ち寄った訳です
まぁ、正確には電気店の携帯コーナーですが、、、
其処で大体の試算をして貰った所、今と余り変わらない使用料金でガラホに替えられる事が判明しました
因みにスマフォでの試算もして頂いたのですが、此方だと1000~1500程upするのですね
「ふむ、変わらないのか、ならばどうしようかな。。。」
と、かなり気持ちが動きましてね
一世代前の物なら今より安くなりますよ~、との事でした
が、機種のカラーがねぇ
白しか無かったんですよ、 
なので、取り敢えずは「検討する」と言う事で一旦保留しました
其の後、別の用件を片付け、猫用品を買いに何時ものホームセンターに立ち寄ります
其処の隣には地元の中規模スーパーが在るのですが、同じ地所に某携帯会社の直営ショップがあります
普段、滅多に携帯ショップの路面店には立ち寄らない猫叉です
が、年に数度やむを得ない事態(主に尻尾付きの悪ガキ共がしでかした「悪戯」の後始末w)と言う奴が発生しましてですね
其の時立ち寄るのが、大体(何となく)何時も此所だった訳です
なので、序でにもう少し調べて貰おうと思い立ちまして、ですね
ま、なんやかんや機種変更して来たと、、、 ^^;
Aushf32

其奴が大凡1週間前の出来事です
1週間弄り倒して何とか使える様にはなりましたが、相変わらず使い辛い事に変わりがない ー"ー;
「見る」事、つまりROMるには大凡問題なく使える様になりましたが、相変わらず投稿がし辛い
只、此れの原因はガラホだから、と言うより「機体本体」に依る様なので、今の所どうしようも無いですね
慣れるしか無い訳でして、、、

と、言うのも、猫叉は本格的に携帯を持ち始めてからは、ずっとCasio使い(User)で御座いましてね
何故と言うに、当時ATOKを真面に入れて居たのがCasioだけだったのですよ
余分な変換とか、無駄な予測とか要らんのです
日本語が打ちやすければ、其れで良い
と言うより、其処 "だけ" が重要なんですね、猫叉的には
所がCasioが携帯から撤退してしまい、ガラホはSHARPが作るのみ、となってしまいました
正に「選択の余地って、何其れ? 美味しいの?」 状態です、、、orz

只、此のガラホ
なかなか良く出来て居ます
画面の拡大縮小やスクロールも出来ますし、なんちゃってタッチパネル機能も搭載して居たりします
しかしながら、そもそもタッチパネルとの相性が悪くてのガラケー使いだったのですよ
ですから当初は此の機能をRockして使って居たのですが、此のタッチパネル方式で無いと動作しないサイトが在る事が判明しましてね
やむなく両刀遣い致しております
(某巨大SNS、お前の事だ、お前のw ー”ー; )

良く聞かれますし、自分でも散々考えたのですけれど
ガラホの「メリット」って、なんだろう???

Ⅰ・ 丈夫
  前の機種は7年、其の前の機種は5年、何の問題も無く使えました
  正直な所、アクセスに不具合が生じなければまだまだ使えたのですけれどね
  先回の機種変更は、前の機種に在るアプリに誘惑されたんですよ
  誘惑のアプリ、CasioのAdélie Penguin
  Ap
  (可愛いんだ此が、色々と凝って居るし ^^;)
  ガラケーで壊われた、と言う経験が過去1回だけあります
    前の前の機種が最短使用期間で2年でしたね、そう言えば
   充電コードの差し込み口が曲がってしまって、どうにもならなく成ったんですよ
   無論、言うまでも無く犯人は尻尾付き野郎共ですw

Ⅱ・ コンパクトで軽い(=邪魔にならない=持ち歩きに便利)
  鞄等に入れて持ち歩か無くとも、ベルト等で直接携帯出来る事
  此所、猫叉的には地味に評点高いです

Ⅲ・ 電池が長持ち
    私の使用するペースと内容だとほぼ1日充電しなくともフルに使えます
  まぁ、ガラケー程では無いかも知れませんが、
  (何しろ航空祭であれほどバカみたいに写真撮ったにも関わらず、
  何とか丸1日保ちましたからね、ガラケーは偉大です ^^;)
  余程無理をしない限りは無充電で1~2日イケるのではないかと思います

、、、と言う辺りは、多分「ガラケー」が本来保つメリットではないでしょうか
此をそのまま引き継いで尚且つ、ガラケーからガラホに替えた時の「メリット」となると、ねぇ

まぁ、ああ言う見かけでも中身はなんちゃってスマフォですからね
TwitterやFacebookは難なく見る(ROM)事が可能だし、慣れれば投稿も普通に出来る
確かに操作性は今一落ちるけれど、リツイートや評価も割と簡単に出来ます
後は、と言えば
一人前に「Wi-Fi接続」が出来るし、テザリングも出来る辺り、実はなかなかに「使える子」だったりしますw
55339
やれば出来る子、な「エンリコ・マクスウェル」

ま、今の所テザリングする予定は無いですが、何処かでタブレットやら買う羽目になったら此の機能は必須ですからね
其処が基本性能な処は有り難い
あ、因みに「テザリング」と言うのは
「テザリング(英: tethering) : 通信端末を内蔵したモバイルコンピューター(携帯電話回線に接続されたスマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。」by.wiki
つまり、タブレットやノートPCなんかをインターネットに接続させる事が出来る機能の事、です
但し、アプリのDLには可成り制限があります
と言うより、アプリのDLは殆ど出来ない、と思った方が良いでしょうね
そう言う意味において、「玩具」では無く「道具」により近い存在かも知れません
猫叉は、LINEすらやらないヤツですし、ゲームだって某巨大SNSのオマケゲームを2~3しているだけですからね
此の点に関しては何の不便も無い
むしろ余計な機能が無くてすっきりします  ^^
出来れば、カスタマイズでLINEアイコンを外したい位w 無理だけどww

ガラホはフューチャーフォンとも言うそうですね
あくまでも「電話」で、其の「進化形」としての名称が「フォーチャーフォン」と
そう言うカテゴリーな存在の様です
まぁ、確かにそうとらえた方が解りやすいし、より正確な雰囲気がつかめかとは思います

最終的には、手持ちのモバイル媒体に何を要求するか、でスマフォにするか、ガラホで良いのかが決まるのではないでしょうか
猫叉の様に、あくまでも「ホームベースはデスクトップPC」なヒトは、ガラホで充分な気がしますし
PC如何に関わらず、手持ちモバイルから「同じ様な事を」「変わりなく」やりたいな~、と言う方はスマフォの方が便利かな? と思います
其の辺はPCを選ぶ時と同じですね
「何を、どう、どの程度したいのか」が判断基準になります

猫叉の様に、目当てのサイトのROMがスムースに出来て、
たま~~~~に、投稿が恙なく出来る様になれれば良いや、、、
が、基本スタンスな場合はガラホで充分ですね
そう言う可成り「ニッチ」な要求に対しては、実に理に適ったモバイル機器だな
とは思います
後は、そうですね
ガラホだと、アカウントを持って居るサイトには、自分で個々に接続しないと繋がりません
其れが面倒な人には向いて居ないかも知れないですね
他には、、、
猫叉的に、優先順位が殆ど無いと言っても差し遣えない、「動画」と「音楽」、ですか
此等がやりたい人に、ガラホは全く向いていません
否、youtube等の再生は難なく出来ますし、音質も悪くは無いです
が、何しろ画面が小さいですからね ^^;
本当に一次的なチェックにしかならない
然も、Googleアカウントとはリンクして居ません
ですから、評価を付けたり、お気に入りに入れようとすると、いちいちログインし直すハメに陥ります、、、
で、此れは其れで非常に面倒な事になりまする ー"ー;

実は、此の辺りのお話、以前から「某身近な元本職」と相談して居たのですが、、、
「貴方的には、殆ど(スマフォにする)メリットないんじゃない?」
「ですよね~w」
と、ま、大体こんな会話で終わっていましたw
で、実際そうだったな、と言うオチ  ^^;

と、言う訳で、要は、、、
「機種変更で初めて使うメーカーだったから」
が、使い辛いの一番の原因だったで御座るの巻w

なんだよ、「ガラケー → ガラホ」 関係ないじゃんww
まぁ、ぶっちゃけ「ガラケー → ガラホ」よか、
「Casio → SHARP」 のデメリットの方大きいんだよ、、、orz

いずれにせよ、かなり「ニッチ」な層向けな気がしてならないのですがね、どうでしょう?
ま、選択肢が多い事は良い事、ですからね
此のまま続いて、あわよくば機種が増えてくれる事を祈っております ^^;

あ、因みに
猫叉が「スマフォにしなかった最大の理由」は、前述通り「タッチパネルとの相性が最悪(誤作動多発が転じての、大嫌い)」でありますからね
其の辺り、所謂「普通の方」とは、そもそものスタート地点が違う気が、が、が、ががが ^^;;;

Amen
ポチッとよろしく!

 

| | コメント (0)
|

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »