« 春祭は我が妄想の糧であり根源でもある | トップページ | 案の定戻って来た結構な残暑の夜に »

早くも「前言撤回」してみる僅かに秋の気配漂う長月の宵闇

先日来待望して居た雨がようやく降り始めましたな
もっとも降り出しに全く気付居ていなくて、旦那に
「はぁ?(今頃何言ってるの? の意)」と言われたのは私です ^^;

ハイ、今晩は
来週はいよいよ宇宙戦艦ヤマト2199最終章の地上波放送だと云うのに、
全くもってブログの準備処かPVすら殆ど見ていない猫叉です ^^;
とりあえず "盛大に遅れて" 上がってきたPVを貼っておきますかね
嗚呼、因みに此のPV、結構壮大なネタバレになっておりますので、気になさる方は此処で回れ右を推奨致しますw

「『宇宙戦艦ヤマ­ト2199 第七章 そして艦は行く』 プロモーション・ビデオ」

http://www.youtube.com/watch?v=51utm_LNX8E
しかし何ですな
PVの前に好例の「期間限定、冒頭10分」が公開されるとか
劇場公開が始まってから第7章のPVが出来上がって公開されるとか
文字通り波乱含みの最終章で御座います
色々とやらかして下さいましたしねぇ
まぁ、後は「推して知るべし」で御座いますよ、皆様w

とは言う物の今回はなんとかして、もう一度劇場に駆け付けたいとは思っております
出来れば序でに「イントゥダークネス」を観てこようと画策中なうw
あ、「イントゥダークネス」って言うのはコレですね
Startrek2_wall05_1600x1200
ま、スタトレですな
前回の「スタートレック」の出来がなかなか良かったので、此も一寸期待しております

スタートレックも或る意味ヤマトに似た所があって、良い作品と悪い(所謂、駄作)の落差が激しいのですよ
基本的に大元のTVシリーズとジェイムズ・ブリッシュが書いている小説版以外は「認めない」派に近いです
Tos_1 Tos_5  
うん、小説版もブリッシュ以外のは結構酷いですからね
却下w

さて、表題ですが
何の事かと言えば「コンサート」の事です
今秋のヤンソンス/ロイヤルフィルを諦めて、来年2月のNYP(ニューヨークフィルハーモニック管弦楽団)に征こうと思って居たのですが、youtube音源を漁る限りどうにも納得がいかない
プログラム的には結構面白いので、征ってみて判断するか、と思って居たのですが、、、
-------------------------
「ニューヨーク・フィルハーモニック」
日時2014年2月13日 (木) 19:00 開演 (18:30 開場)会場
サントリーホール
出演指揮: アラン・ギルバート
ヴァイオリン: リサ・バティアシュヴィリ
オーケストラ: ニューヨーク・フィルハーモニック
ベートーヴェン : オペラ「フィデリオ」序曲 op.72b
ショスタコーヴィチ : ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 op.35(ヴァイオリン:リサ・バティアシュヴィリ)
ベートーヴェン : 交響曲第1番 ハ長調 op.21
ガーシュウイン : パリのアメリカ人
-------------------------
因みに、指揮者の方、日本人ハーフの様です
Imagescaiofmwk
「アラン・タケシ・ギルバート(Alan Takeshi Gilbert)」
申し訳ない、殆ど知りません、、、orz
煽り分が「鬼才」と成っているので一抹の不安がががが、、、orz
と言う事で、ささっとyoutube検索してみました
其の感じでは、アラン・ギルバートの音造り自体は嫌いではありません
まぁ、両親ともヴァイオリニストで本人もフィラデルフィアに在籍していたそうですから、鬼才とは言え、そうはっちゃけては居ないだろう、とは思ったのですけれどね
只、何と言うか、振って居る姿のシルエットと言うか、仕草が、どことなく「ファジル・サイ」に似て居る気がします
733644519073
鬼才! 天才! 「ファジル・サイ(トルコ語: Fazıl Say)!
つまりは、良い意味で "gdgd" と言うか、何と言うかw (笑
セサミストリートにも出ていらっしゃるのね ^^;
Osesamestreetalangilbertfacebook

只、物凄く気になった事が1つ、「音が悪い」
あれ? NYPってこんなに音悪かったっけ、、、
と思わず「眉根に皺」 ー"ー;ゞ
納得できなかったので更に、もう少し漁ってみました
ん~~、面白いと言うか、
エンタメ的には聞いて居て、或いは観て居て「楽しい」のだろうとは思うのですが
なんだろう、此の「なんか違う」感 
ずっと違和感を抱えたまま尚もyoutubeの地層を掘り返して居てふと気付きました
そうか、 軽いんだ!
うわぁ、NYPって今こんな感じなのか、、、orz
あ、此は止めた方が良いかもしれん

と、言う事で辞めました
と言うか、諦めます (哀
そうか、私の好きなNYPってやはり70~80年代限定だったのかも知れない

其れと諦めたのにはもう一つ大きな理由があります
来年秋の11月初旬に「昔からの恋人」がイスラエルフィルと来るのを知ったからです
1115062992
「昔からの恋人」 w
然も、プログラムが酷い
なんですか? 此?
Mainimg
「春の祭典」に「マーラー交響曲第1番、巨人」って、、、
煽りですか? 挑発ですか? 
ま、つまりは「(縒りを戻すつもりならば) 来い!」と言う事ですね、判りましたw
では、ちょいと久し振りに追っかけでも致しますか

と言う事で、来年11月初旬を目標に資金を溜めスケジュールを組みます
一応地元での公演もあるみたいですが、此方はプログラム次第ですね
以前酷い目に逢って居るので
とりあえず上京して聴きに征く事だけは確定事項としました
果たして「4回目の正直」となるのでしょうかw

1239616_10151562704030443_121065958
ポチッとよろしく!

|
|

« 春祭は我が妄想の糧であり根源でもある | トップページ | 案の定戻って来た結構な残暑の夜に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春祭は我が妄想の糧であり根源でもある | トップページ | 案の定戻って来た結構な残暑の夜に »