« 「夢」の話 | トップページ | 立秋とは名ばかりの酷暑な朝が始まる日に宇宙(そら)へ旅立つ »

眠れぬ夜の過ごし方

いやぁ~ 毎日暑いですねぇ
夏真っ盛りなのだから暑いのは当たり前、とか言う大人の意見は無視して
本気で早く涼しくなってはくれまいか、、、 と願う猫叉です
はい、皆様今晩は
些か間が開いてしまいました
何しろ、猫叉は素が猫で障子紙な物ですから、夏の暑さと湿度は激しく苦手です
否、夏の風物詩には色々と好きな物が有るのですがね
例えば、西瓜とか大好物ですし、所謂夏野菜は其の本番を迎えますし
花火とか、蚊遣りとか、団扇とか、夏祭りとか、、、
何時までも薄明るい夏の宵闇とか、大好きです
それでも、正直、四季の内で何が無くなっても良いか? 
と、問われれば躊躇無く「梅雨」と「盛夏」を上げさせて頂きますね
ああ、「残暑」とか「酷暑」とかも嫌いですね、、、orz
そんな今日は「立秋」だそうで
否、日中の外気温が連日軽く35度を越えているんですけど、、、orz
否、判ってますよ、実際の気候と暦の其れにはズレがあるのは
其れでも「秋」という言葉に儚い期待を寄せてしまうでは無いですか、、、orz

ま、そんな訳で、今回は
「猫叉流眠れぬ夜の過ごし方」と「宇宙戦艦ヤマト2199」のお話です

元々寝付きの良い方ではありません
其れでも若い頃は、1時間も布団の中でgdgdしていたら自然に眠れたのですが、歳を経る毎に寝付きの悪さが悪化して来ましてね
頑なに明け方まで睡魔が襲わない夜も珍しくなくなってきました
こう言う時は、無理に寝ようとしないのが猫叉流です
ネットをしたり音楽を聴いたり漫画を読んだり、でも良いのですが、お勧めなのは「読書」です
読書が一番安全なのでw
ネットや漫画だと思わぬ時間を食ったり、続きや其の先が気になって結局徹夜になる事が多いのですよ ^^;
無論、最初から徹夜するつもりでネットに張り付く事もあります
気になる音源を捜したり、ソースを確認したり、、、
そう言うのは何と言うか
其の時の嗜好や考え方の流れ、想いや疑問を中断させない方が、良い物を得られる様に感じるからです
そうでは無い時、単純に寝たいのに眠れないのよ~ と言う時は
さっさと諦めて本を読み始めます
何を選ぶかは其の時の気分次第なので、読みかけの物や、読み返し中の物、大昔に読んだきり忘れていた物、何度も読み返している愛読書等、千差万別です

先日、そう言う夜に相見えましてね
其の時、手にしたのが此方
「20億の針」
20okunohari 61502    
と、一応その続編の「一千億の針」
71r0dlsvgvl 61504    
作者は正統派SF作家の「ハル・クレメント」
Hal_clement_2

因みに私の手元に有る奴は左側の装丁です
今はこんなに凝っていて格好良いのですね ^^;
61502_261504_2
思わず買い直したくなりましたよw

お話しは、ま、SF仕立てのミステリー物です
平たく云うと「捕物帖」なんですが、流石にハル・クレメントだけあってSF部分の手抜きは一切有りません
実に「理に適った」良い作品です
元々此の作家は、高校の物理教師なのですね
実際に教鞭を執っていた方ですから、科学的考証には定評があります
大袈裟な設定や派手な立ち回りがない分、実に堅実で興味深い噺を書かれる方です
実は、此の「20億の針」と「千億の針」に似た設定のお話しに、フレドリック・ブラウンの中編「73光年の妖怪」があります
73kounennoyoukai 20111117  
此方は「判じ物」兼「サスペンス」仕立てになっています
此も私の手元にあるのは左側ですね
フレドリック・ブラウン」は、所謂ショート・ショートと言われる超短編の名手です
Fredricbrown_2
(何気にご尊顔を拝し奉るのは「初めて」です ^^;)
彼独自のブラックユーモアと発想の豊かさ、多彩さ
読んだ後の爽快感や、してやられた感(笑)
或いは、ゾッとしない「真相」の示し方等は、圧倒的で他に類を見ない作家でもあります
ですが、所謂科学的空想小説としての緻密さやリアリティとなると、どうしてもハル・クレメントの方に軍配が上がってしまいます
其れは別に良いとか悪いとかでは無く、得手不得手や、ひいては読者の好みだと思います
私は「ミミズ天使をこよなく愛する」と言うファンコミュに参加していますし、或る意味ブラウンの手法や小説(文章)は憧れでもあります
因みに彼のショートショートで忘れ得ぬ噺は「青い蜥蜴」が出て来る「闘技場」
(実は、彼のスタートレックに全く同じ様な設定の話が有るw)
最後に膝の猫が「そんな事、忘れちまいな」と気怠そうに呟く「鼠」
が双璧かな
何れも『スポンサーから一言』(中村保男訳 創元SF文庫)に収録されて居ます
Suponsakara 74c6f67a
此も私の手元にあるのは左側の装丁です
まぁ、表題の「スポンサーから一言」も秀逸と言うか、歴史残る名作だとは思いますがね
どれも、一遍が可成り短いので、是非一度、お読みになる事をお勧め致します ^^
中には其の短さをネタにした、一寸呆気にとられてしまう様な一遍もあったりするんですよ

ああ、話が逸れました
で、其の夜は「20億の針」と続編にあたる「一千億の針」を読み返していたのですが、
ふと「宇宙戦艦ヤマト2199」に出て来る「バラン星」の形状を最初に見た時、
「此って "メスクリン" ぢゃね?」と感じて居た事を思い出しました
考察日記の話題(ネタ)にしようと思って居たのに、すっかり忘れていましたわ、、、orz
「メスクリン」とは、ハル・クレメントの名作「重力への挑戦」に出て来る惑星です
9784488615017 61501
因みに、猫叉は「重力の使命」で読んでいましたから此方の表紙の方が圧倒的に馴染みがありますw
C1930110
其所は「液化メタンの海とアンモニアの氷に覆われ、赤道付近で3G、極地では700Gの重力を持つ巨大惑星」by.amazon です
お話は一見冒険譚のようにも思えますが、実際には可成り緻密に作られた歴としたハードSFです
只、ハル・クレメントの凄い所は、こうした科学的考証を可成り綿密で正確に設定し描写しながらも尚、お話としての面白さを少しも失わせない所にあります
この辺り、流石は実際に高校で教鞭を執っていただけの事はありますね
小難しいお話を如何に楽しく聞かせ、興味を引かせられるか
そう言う意味においては、レムより遙かに読みやすいです
第1、読んでいて楽しいし ^^;
此の超重力惑星に住むメスクリン人達にしても、彼らの生活圏である其の惑星の描写にしても、実に活き活きと描かれています
個人的に、メスクリン人の船長、バーレナンはナイスガイだと思って居ます
無論、其の性格と指導力を言っている訳で、間違っても彼の「外見」では有りませんよ
彼らはリアル「Scolopendra 」(リンク先、閲覧注意w)で御座いますからねw
否、彼らの基準ではどうなのかな? イケメンなのかしらん
うん、ま、何れにしても
ああいう船長の下なら、目的地が例え地の果てであっても付いて行くでしょうね
ま、実際お話の方も「地の果て」を征く噺では御座いますが ^^;
で、此のメスクリンですが、赤道付近は3Gでも、極地では700Gとか言うトンデモな惑星でして、其の超重力の性で惑星自体が歪な形をしている、と言う事に成っています
歪と言っても中央部(赤道付近)が膨らんだ楕円形の球状、と言う事です
で、件の「バラン星」の画像はと言うと、此方
Y5
ほら、バラン星≒メスクリン星、でしょ? ^^;
流石にメスクリンはガス状惑星ではありませんし、内部に人工建造物を置ける様なヤワな組成と構造の星ではありませんから、違うっちゃ違うんですがねw
明らかに意識したでしょ、此ww 
とちょっとばかし草を生やして見たで御座るの巻、です(笑

否、何度も言いますが
非難しているのではありません
こう言う小ネタを、事にSF、スペース・ファンタジーでは無い、文字通り空想科学小説としてのサイエンス・フィクションとしての小ネタを挟んで来てくれるのが、本当に嬉しいのです
何事もそうだと思うのですが、
其れなりの歴史と作品量が今に伝えられている物の多くは、何かしらの形で「前」を意識しています
良くも悪くも意識せざるを得ないからです
そう言う前任者と言うか、先駆者達の作品を大事にしつつ、其所へ自分の夢や想い、希望や思考を積み重ねていく
或いは、其れ等を打破しようと、或いは乗り越えようと、全く別方向からのアプローチを試みる
其の過程や結果に、かつて自分達を宇宙の遠くに連れて行ってくれた作品群を、そっと寄り添わせる
そう言う行いには、其の作品に対する敬意や感謝、そして限りない畏敬の念が有ると思うのです
「宇宙戦艦ヤマト2199」で私が気付いたこうした小ネタの数々も、其の考えや思考、造形等を単に真似ようとしているだけでは無い
其所には、「大元は此方」と言う、見えない看板が立っている様に思えるのですね
其の先には文字通り、広大無限で時空も次元も超越した「SFの世界」があります
確かに「2001年」はとうの昔に過ぎてしまいましたし、現実はどんどんSFの世界を凌駕しつつ有るかも知れません
それでも、未だ宇宙起源の謎処か、同じ太陽系内惑星の真の姿すら良く判って居ない有様です
考える事、調べる事、探す事、検証する事、情報を蓄積する事等、まだまだ是から幾らでもやる事がある
其の取っ掛かりにSFが、ひいては「宇宙戦艦ヤマト2199」が成れれば良いな
と思った「真夏の夜の夢」で御座いました

さて、其れでは、リアルにメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」をBGMに聞きながら、バーレナンの居るメスクリンまで遊びに出掛けるとしましょうか

Yamato2199_b_18_01_web
ポチッとよろしく!

|
|

« 「夢」の話 | トップページ | 立秋とは名ばかりの酷暑な朝が始まる日に宇宙(そら)へ旅立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「夢」の話 | トップページ | 立秋とは名ばかりの酷暑な朝が始まる日に宇宙(そら)へ旅立つ »