« アバターと分身の術 | トップページ | 明けましたなw »

取り敢えずの紹介と御挨拶

なんだかバタバタしている内にもう大晦日ですよ、、、orz
状況は色々と改善されていません、、、orz
相変わらず問題山積しています、、、orz
然も、やりたい事も、やらなきゃ成らない事、全く持って何も出来ていません
嗚呼、こんな事で無事新年が迎えられるのでしょうか
って、時間は非情で無情ですから、私の思いなんざ全く頓着なくガンガン進んで征ってしまいますけれどねw
なので、ここらで一発、人生一体何度目だよ?w の「開き直り」と征きましょう!

と、云う訳でまたもや中途半端な「紹介」日記です ^^;
すみません(汗
書きたい事は其れなりに沢山あるのですけれど、なかなか時間が取れないんですよ
取り敢えず、来年1月12日までには宇宙戦艦ヤマト2199系の考察日記を最低1個は上げる予定にしています
只まぁ、予定はあくまでも予定であって未定なので、気長にお持ち下さい ^^;;

では、そう言う事で先ずは

「『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防』プロモーション・ビデオ 」
http://youtu.be/ctmO-z08LdM

遂に来ましたねぇ、中田伯爵(イヤ、単なる中の人ネタですw)^^;
声優陣が実に豪華極まりないですな
ヴォルフ・フラーケンと言うキャラクター、実は私は初見です
Chara_img_fleurken

どうも元ネタは「宇宙戦艦ヤマトⅢ」に出て来る猛将のようですね
wiki君に寄れば「シリーズ中ヤマトに完勝を収めた数少ない人物。」との事
「次元潜航艇」なるメカも初見ですが、イメージ的には潜水艦なのでしょうか
Gamirasu_sn08

「UX-01」と言う符合からもUボートを意識した物かと思いますが、どうなんでしょうね

「宇宙戦艦ヤマト2199第四章 冒頭10分」
http://youtu.be/PvbeQSvWCdI
(此方は期間限定のUPの様ですのでURLリンクのみに留めておきます)
いやぁ、其れにしても大塚明夫ドメルの格好良いこと!
しみじみ良い声だなぁ、、、と小一時間w ^^;
スミマセン(汗  昔から大ファンな物ですから  ^^;;
何れちゃんとした考察日記にしようと思っていますが、ドメルの彼女
ガミラス人ではありませんね
其の辺り、今後の彼の「失敗」の元ネタになるのかもしれません
前にも少しだけ触れましたけれど、ドメル対ヤマトって基本、ドメルの圧勝なんですよ
だけど最終的には完敗してしまう
恐らく今回も彼は戦術的には勝利を収めるも、政略的な何かで足を掬われ自滅してしまうのではないか、と思っています
其の辺りをどう描くのか、実に楽しみですね
ああ、ロックロック鳥とか、芸が細かいなぁ ^^
と言うか、クレジットに名前がない(本人の強い意向のようですね)けれど、出渕監督が「彼」に凄く気を使っているのが判ります
こう言う真摯で紳士的な表現はとても日本人らしくて素晴らしいと思います 

そして、、、遂に来ました
「HELLSING OVA Ⅹ」 最終巻 です

「Hellsing OVA X PV 」
http://youtu.be/s5b3iKM5d1k

いやぁ、本当によくぞ最後まで映像化してくれた! と思わずには居られません
然も徹頭徹尾、此のクオリティですからね
彼の独特な世界観を良く再現し、最後まで此のモチベーションと云うか、テンションを維持出来たな、と改めて感動します
いやぁ、スタッフや声優一同の「HELLSING愛」は本当に半端な物じゃないと思いますよ
其れが有る意味顕著に表れたのが此の「おふざけPV」じゃないでしょうか ^^;

「HELLSING OVA X_PVc.mov 」
http://youtu.be/tgl077z08tc


何回聞いても「飛田少佐」が凄すぎます ^^;;
因みに真面目Verは此方
「HELLSING OVA X_PV.mov 」
http://youtu.be/J2X0SEJ8FGc

そう言えば此処に出て来る或る意味最終兵器と云っても良い「シュレディンガー准尉」の元ネタを知っていると、彼の「使い(扱い)方」が実に絶妙なのが判り易いと思います
Img013_2
(因みに何故「ネコミミ」なのかもw)
此の例えって、一寸した量子力学入門書を読むより遙かに判り易いと思うんですよねぇ
何れにしても本当に良く出来たお噺だと思います
それ故映像化は本当に難しかったと思います
過去日記にも何度か書きましたけれど、文字と絵(静止画)でないと伝わらない物って確実にあると思うのですよ
其れをよくぞ此処まで! と感心を通り越して感動します
原作者の画伯にした所で、最終的にこんな風に物凄いクオリティで出来上がるのなら、新連載が其の度毎に休載したり、運が良いとお詫びの落書き漫画が有ったりするけれど、結局其れ1枚で誤魔化されたり、未だに3巻が出ていない現実とか、最終巻なのにライナー漫画もなく、オマケにオーディオコメンタリーをも堂々とブッチしたりと、ま、或る意味「遣りたい放題」されても読者側としては「仕方がない」と諦めもつきますわなw

「Hellsing Ova X Ending (eng sub) Integra / Seras / Alucard 」
http://youtu.be/9vumr71PxLc


簡単に感心した点(スタッフ! GJ!)を羅列してみます
1.「ファイトですぞ。 お嬢様」 ウォルター爺さんVer最終形態、キター!
2.前々から一部ファンの間で「やるか?」とwktkされていた「セラスのパン○ラ」w
3.マクスウェルの後任、間久部機関長のCVが「谷口節」さん(「宇宙人ジョーンズ」の声)だった事(因みに先日急逝されたようですね、好きな声優さんだったので大変残念です)
コレも何れちゃんと書く予定ですが、間久部と言えば元ネタは「間久部緑郎・まくべろくろう」でしょう
皆様、本当にロックが好きですよねぇ 
まぁ、かく言う私も立派なファンの1人ではありますが、、、^^;;
最後の「お帰り、伯爵。 ただいま、伯爵」の遣り取りは何度観ても美しいですね ^^
1010

さて、此の 「HELLSING OVA Ⅹ」ですが、特典映像にとんでも無い物が付いていました
其れがコレです

「【アニメ / ANIME】 ドリフターズ 「DRIFTERS」 (2012) Trailer #1」
http://youtu.be/4V5mYoAD5R0


キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!

いやいやいや、出来が半端無く「イイ」です、良過ぎです ^^;
ヤバイですよ、否、マヂで不味いです
だって、期待しちゃうでしょ? こんなの観せられたらw ^^;;
然も原画の良い所を実に巧く使って画面を構成していますよね

414c2f0bdc44d824bd79c419d009963b

此は如何でしょ
嗚呼、遂に「動いて喋る」「妖怪首置いてけ」が実現しちゃいましたねw

Toyokubi

スタッフ、頑張って下さい
後、画伯、原作を「ちゃっちゃと」進めて下さいw

001

因みに此の特典映像、何の前触れも予告もなく始まります
なので、思わずCRTに向かって「紫~~~!!!!」と絶叫、、、、、^^;;;

ハイ、では皆様、今年一年、ヲタの戯れ事とお噺に付き合って下さり、本当に感謝致しております
此の場を借りて、深く御礼申し上げます
有難う御座いました
恐らく、来年もこのままヲタとマイナーと独断と偏見で突っ走ると思います
が、どうぞ変わらぬご愛顧を賜ればと存じます
寒さ厳しき折、どうぞ皆々様、充分ご自愛の上良いお年をお迎え下さいませ

13184814090001
ポチッとよろしく!

|
|

« アバターと分身の術 | トップページ | 明けましたなw »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アバターと分身の術 | トップページ | 明けましたなw »