« 「宇宙戦艦ヤマト2199」の考察 其の八 | トップページ | SWと言えば、、、 »

粋だねぇ

先日、ネットニュースをチェックしていたらこんな表題が流れて来ました
「レース後跪いて両陛下に最敬礼 ミルコ・デムーロ「日本人より日本人らしい」」

Sponichin_20121029_0002_0

<第146回天皇賞・秋(G1)が2012年10月28日、東京競馬で行われ、名手ミルコ・デムーロが騎乗した5番人気のエイシンフラッシュが優勝した。ミルコ騎手はレース後、観戦された天皇、皇后両陛下にひざまずいて最敬礼した。その場面の動画アクセスはすでに20万回を超え、「感動した!」「日本人より日本人らしい」といった賛辞のコメントが並んでいる。>

成る程、粋ですねぇ ^^
イヤ、此の騎手の方は勿論、JRA(日本競馬会)も、、、ですよ
と言うのも、レース終了後の計量前に勝手に下馬しちゃダメなんですね ^^;
本来なら制裁措置が執られる、ヘタすると失格処分が下される様な行為な訳です ^^;;
まぁ、数年振りの天覧レースですし、何分両陛下への御挨拶なので其の辺りの細かい規則は不問にされた様ですけどね ^^;;;

ハイ、すみません
随分長い間更新を怠ってしまいました
申し訳御座いません(汗
まぁ、色々と御座いましてね
大変だったわけです、物凄く個人的に、然も心身共に、、、orz
只、お陰様で当分ネタには困らなくなりましたが(笑
ま、例によってヲタの戯れ事の極みでは御座いますが、何か 

で、小休止後の復帰第1弾がコレと云うのもちょっと唐突なようですけれど、
実は猫叉、無類の馬好きで御座います
幼い頃から両親親類縁者をして「此の子は馬を怖いと思った事が無いのではないか」と言わしめ、事実、大人になって要らぬ知識が付くまで、馬を怖いと思った事は1度もありませんでした
本当は乗馬を習いたかったのですけど、諸事情あって絶賛中断中なう! で御座います
因みに大して習得している訳ではありません
辛うじて「トロット」が「ん~~~、落馬こそしないが物凄く不格好」なレベル止まりで御座います、ハイ

ま、そんな奴なので当然小さい頃から「競馬」も好きでした
シーズンには毎週欠かさず見ていた物です
此処では余り取り上げる事が無かったのですけど、ン十年前までG1位まではちゃんとチェックして見ていました
只、引き籠もりのヲタクなので、実際に競馬場に出向くわけではありません
専らTV観戦が主です
然も、馬券は買わない主義で御座いましてね
一度も馬券を自分で買った事は無いです
と言うのも、贔屓馬が出来るんですよ、必ず
是ではギャンブルになりません
私としては単純に勝ち馬予想が楽しい訳で、贔屓馬の勇姿を見られれば満足、と言うのとはちょっと違うのですね

サラブレッドの世界は血統が命です
現存するサラブレッドは全て3頭の馬が元になっている、と云うのは割と有名なトリビアだと思います
種としての血統だけでなく勝負としての優劣も血統に支配される世界です
でも、生き物故に100%では無いのですよ
極々稀に、余り活躍した事がない馬の血筋から大物が化けて出る事があります
しかし、其れは本当に奇跡に近い様なレベルのお話です
また、其れは恐らく狙って出来るような物ではないと思われます
強いて云えば馬の神様の気紛れなのでしょう
が、厳然としてそう言う奇跡のような馬が存在するのもまた事実です
なので、予想屋としてはこう言う不確定要素が有ればあるほど、予測は難しくなり予想に費やす作業や考察は煩雑になります
だから飽きないし、やっていて楽しいのですね
また、彼等は家畜ですから結果が命です
どんなに血統が良かろうと、人々が期待しようと、結果を残せない馬は処分されます
毎年何千頭もの仔馬が産まれていますが、彼等の中で実際にレースに出られ、然もG1に出場出来るような馬は本当に極々僅かなんですよ
レースで走っている馬達は其れは其れは綺麗です
あれはもう生きた駆ける芸術品です
でも、其の後にはこうした無数の走れなかった命と、馬と、人と、運命と、物語があるんですよ
そして同じ位、今走っている馬の血統を支えた命と、情熱と、努力と、人知れない祈りがあるんですね
そこら辺りが「競馬はドラマだ」と言われる所以だと思います

最近はG1ですら全くチェックし無くなっちゃっていましたから、出走馬の名前すら判らないのですけど、こう言う騎手が居たんですねぇ

「ミルコ・デムーロ(Mirco Demuro)」
0osk200812250027

イタリアの方ですか
ああ、ネオユニヴァースの人か
つーか、外国人騎手だったのね、ネオユニヴァース ^^;

Img1
「ネオユニヴァース」

まぁ此方は、ご多分に漏れずサンデーサイレンス産駒の社台ファ-ム育ちです
ところが今回の天皇賞馬って独逸からの持ち込み馬なのですねぇ
Pp01
「エイシンフラッシュ」

此は、新しい血統が出来るかも知れませんね
猫叉は軽くアンチ社台ファームなんで嬉しい、と言うか、今後がとても楽しみです ^^
メジロ牧場が解散しメジロ産駒が居なくなってからは、何だかもうぅ何もかもがイヤになってしまったので、本当に全くのノーチェックでした
是で暫くは競馬と云うかG1を楽しみにする切っ掛けが出来ました
デムーロ騎手とエイシンフラッシュに感謝です ^^

最後に、今話題の動画を貼っておきます

 
「ミルコ・デムーロ、天皇両陛下の前で跪いて礼をする」

|
|

« 「宇宙戦艦ヤマト2199」の考察 其の八 | トップページ | SWと言えば、、、 »

コメント

LINさんも馬好きだったんですね。
乗馬も少しは習ったのですが、経済的に続きませんでした。
私も券は買わないのですが、サラブレッドの走るのを見るのは好きです。
こんなに綺麗なものはありません。
一度だけダービーを見に、東京競馬場に連れて行ってもらい、大いに興奮しました。
我が父は競馬が大好きで、夏は地方競馬をまわって、一銭もなくなり、
電報でお金の無心をしたそうです。
その血があるので、恐ろしくて券を買わないようにしているのですが、
本当は飼葉代なのですから、飼わないといけないですよね。
いろいろたいへんだったそうですが、どうぞお体に気をつけて。
また読ませて頂くのを楽しみにしています。

投稿: anan | 2012年10月30日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/56003684

この記事へのトラックバック一覧です: 粋だねぇ:

« 「宇宙戦艦ヤマト2199」の考察 其の八 | トップページ | SWと言えば、、、 »