« 人に仕える人外 | トップページ | 取り敢えず復活 Bolero(ボレロ)編 »

「宇宙戦艦ヤマト2199」の考察 其の参

前回から可成りスパンが開いてしまいましたけど、好例(?)の「宇宙戦艦ヤマト2199」の考察再開です
遂に第2章のPVが公開されましたね
ってもう2週間も前の事なんですけれど、、、汗

取り敢えず此方がその公式動画です

此は6月30日(土)の劇場公開が楽しみですねぇ! ^^
職場に無理を言って7/1休みを取ったのは私です  ^^;
だってぇ、どうせなら「思いきり浸りたい!」ぢゃないですかぁ
で、やっぱりやるんですね、冥王星海戦♪♪
好きなんですよね~、此の辺りの逸話♪♪♪
確かに「木星に浮遊大陸」とか「冥王星で”海”戦」とか「反射衛星砲」とか「第3艦橋」とか、まぁSF(サイエンスフィクション)的には突っ込み処満載なんですけどね ^^;
でも、そんな突っ込みとかどうでも良くなる、寧ろ細かい科学的考証なんて糞喰らぇ~!と言うか、そう言うの全部一緒くたに引っくるめて宇宙(そら)の彼方にぶっ飛ばしちゃえ~!! と言わざるを得ない位素晴らしい展開が山盛りなんですよね~、此の辺りの逸話は
まぁ普段あれこれと小煩い考察だのなんだのかましている私が言うのも何なんですけどね(笑)
でもって、「ハヤブサを降ろせ!」ですか~ ^^
格好良いなぁ
此の辺り2chのヤマトスレで、其れこそ山のような考察が進んでいたりするのですが
私、航空機関連は、キッパリ言い切りますが、全然知りません!
威張ってどうするwって云うレベルです ^^;;
でもねぇ
んふふふ♪
此から又月末の劇場公開まで、此でまた色々と愉しめます♪

と言う訳で、素人なりの考察をしてみました
取り敢えず、今一番確認したいと云うか、調べてみたい箇所から征くとしましょう
一応、以前から好きと云うか、まぁ、贔屓にしていたキャラが「加藤三郎」なんですけどね

Chara_img_katou_3
宇宙戦艦ヤマト2199版「加藤三郎」

今回は彼本人と云うより、彼の乗る「ハヤブサ」こと「99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン」や、其の背景とかの方が気になりましてね
新しく発表された第2章のPVを見ながらあれこれメモをしたのですけど、個人的に一番「うわあぁ~♪」と思ったのはPVで艦載機が発艦して行く、其の2機目のコスモファルコンの「尾翼」なんです
「誠」とあるんですね「誠」と!
皆様ご存じのように「誠」の旗印と云えば「新撰組」です
ヤマトの登場人物名が司馬遼太郎の「新撰組血風録」に因んでいるのは、既に「公式」な事実です
そう言えば今気付いたのですけど、公式HPの「99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン」の画像にも尾翼に「誠」の字がありました、、、orz 今さっき気付いたヤツ ^^;

Earth_air02
「99式空間戦闘攻撃機 コスモファルコン」

最初にヤマトを発艦して征った機体と擬装が違うように見えるので、2機目はハヤブサ隊長の「加藤機」では無いかと思った次第です
其の「加藤三郎」は、加藤三郎と言う名前その物が
「第二次世界大戦で活躍した『加藤隼戦闘機隊』の陸軍中佐の加藤建夫と、『大空のサムライ』の異名を持つゼロ戦撃墜王の海軍中尉の坂井三郎らの名前に由来する」と、後付けで設定されている」by,wiki
と有るように、2199のハヤブサ戦闘機隊は『加藤隼戦闘機隊』のオマージュであるようです

此方が有名な(と言っても実は良く知りませんが、、、汗)『加藤隼戦闘機隊』

で、此方が本物の「隼」
300pxnakajima_ki43iia
一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)
大日本帝国陸軍の戦闘機、愛称は隼(はやぶさ)

で、この方が『加藤隼戦闘機隊』隊長
300pxmajor_general_tateo_kato__impe
陸軍中佐、加藤建夫中佐 ご本人

2chのヤマトスレでも「ああ、だから加藤は古代に対して「戦術長」と云う陸軍式の呼びかけをして居るんだな」という書き込みも有った位です
前言通り、航空機とかには余りにも明るく無い私なので、素直に「ふぅん、そう云うものなんだ~」と思っていたんですけど
今回のPV、ヤマトから発艦して征く”2機目”のハヤブサの尾翼に「誠」の文字があるのを見付けてですね
思わず「あれぇ?」と
拙い私の記憶では「確か、新撰組の旗印を掲げた戦闘機隊があって、其の隊長が「管野直」だったような、、、で、戦闘機は確か「紫電改」だったような、、、」
 ーー;???
と言う事で、早速wiki君に尋ねてみた訳なんですが
どうも是のようですね、私の記憶にあったのは
「第343海軍航空隊・2代目の343空(剣部隊)」
是の初代が所謂「隼戦闘機隊」なんですね
まぁ航空機と言うか戦史を含む戦闘機全般、余りにも明るく無い私が、何故此の辺りの記憶と言うか、知識が有るのかと云うと、ですね
一つには「新撰組」が関わっているからなんです
SFと同じ位、古い古い新撰組のファンなんですよ、私は
結構広範囲に「要らん事」を「知って」いたりします(笑)
もう一つには「紫電改」です
是を子供の頃「しでんかい」ではなく「しでん」「かい」と読むのだと、私に教えてくれたのは実父です
海軍の戦闘機「紫電」の「改良型」だから「紫電 改」
そう聞いた時の「ああ!成る程!!」感は、思わず胸の内で1人手をポン!でした
その時同時に「なんと格好良いネーミングだろう!」と感動した訳です
其処から少し、ほんの少しだけ勉強と云うか調べた事があった、、、とそう云う事です
まぁ、そもそも何故「紫電改」なのかと言いますとね
大昔のその又大昔、そう言う名前の「育毛剤」が出た事があったんですよ

   Cml_08_l_4
「薬用育毛剤 紫電改」

其れを買った父が私に「教えて」と云うか「蘊蓄を垂れて」くれた、と云う訳です
いやぁ、世の中、何時何処で何が役に立つのか分かりませんなw

で、此方が本来の「紫電改」
300px1n1k1f2_2
「紫電改」(しでんかい)大日本帝国海軍が第二次世界大戦中に開発した戦闘機、この名称は紫電の各型のうち、二一型以降の機体を呼ぶ
局地戦闘機紫電は、もともと水上戦闘機「強風」を元に開発された戦闘機であり、紫電二一型はこれを低翼に再設計した機体であった。また「紫電改」の名称は、試作名称の仮称一号局地戦闘機改が一般化したもので、本機の制式名称は紫電二一型 by.wiki

因みに、私がブリードしショーに連れて行ったメインクーンに「飛燕・ひえん」と云う名の牡が居ます
Dscf11191
左が姉の「葵・TUBAKI AOI」右が弟の「飛燕・TUBAKI HIEN」
是は戦闘機の「飛燕・ひえん」から頂戴したものです
300pxkawasaki_ki6114
三式戦闘機(さんしきせんとうき)日本帝国陸軍の戦闘機、愛称は飛燕(ひえん)

で、ですね
此の紫電改と言えば有名なのが、撃墜王「管野デストロイヤー」の「管野直・かんの なおし」其の人です
まぁ、私の周りでは、目下「バカヤロウ、コノヤロウ」の名(?)台詞で有名な「ドリフターズ」版「管野直」の方が有名と云うか、通りが良いのですけどね ^^;
20100710200016
「バカヤロウ、コノヤロウ」でドリフで目下ヴェアウルフ達の王様に成っているらしい「管野直」

矢張り新撰組との関わりと云うか、が有りましてね
この第343海軍航空隊・2代目の343空(剣部隊)で管野直が隊長を務める「戦闘301飛行隊」と言うのが、誠の旗印を掲げた「新撰組」なのですよ
他にも「攘夷組」とか「天誅組」とかもあったようです
また
「菅野は自らの紫電改に敵をひきつけるため黄色のストライプ模様を描いた」by.wiki
ともあるので、余計今回のコスモファルコンの擬装とか見ると、管野直が乗っていた「紫電改」に似ているような気がするんですよね
11684_2
然も、黄色と言われているストライプには「白だった」と云う証言も有るようですし
矢っ張り、加藤って「管野直」がモデルなんじゃないのかなぁ
と思った次第です
まぁ管野直自身色々と豪快な逸話の持ち主のようですし、他にも少し掘りさげて調べてみたい事がありますので何れ続編を、、、と思っています
また、折角「F-2」とかも教えて頂きましたから、6月30日までには此方も是非日記で紹介したいと思っています

さて、暫く宇宙戦艦ヤマト2199艦橋に還るとしますか

Ymt2199_lotteria_cf_m1

|
|

« 人に仕える人外 | トップページ | 取り敢えず復活 Bolero(ボレロ)編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/54943366

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦艦ヤマト2199」の考察 其の参:

« 人に仕える人外 | トップページ | 取り敢えず復活 Bolero(ボレロ)編 »