« 理想の上司 | トップページ | メ号作戦についての考察 纏め »

畏敬

実は私、猫背でしてね
小さい頃から随分両親、特に母親に注意されて来ました
でも、生来何かを「維持する」と言うのが凄く苦手な私は、注意を受けた時こそ背筋延ばすんですけど直ぐに戻っちゃうんですね
特に立ち姿は自分で言うのも何ですが、どう間違っても良いとは言えないレベルです
只、小学6年間ピアノを習っていた為だと思うのですが、椅子に座ると背筋が伸びます
姿勢を正そうと合気道とか乗馬を習った時期もあるんですけど、身体を壊す等で結局長続きしませんでした
そんな私がこの所ちゃんと背筋を伸ばして「仕事する」、と言うか、出来るようになりました
切っ掛けはQUEENのライブ映像にあったマーキュリーの立ち姿と歩いて行く後ろ姿です
そう意識し始めたのは、かれこれ1年位前の事でしょうか
彼の立ち姿、実に綺麗なんですね
背筋が伸びていて、自信に満ちていて、毅然としていて、素直に美しいと思います

Freddiequeen

少しでも真似出来れば、と思いましてね
其れ以来、立つ時、歩く時等、成るべく彼の後ろ姿を思い浮かべるようにしてみました
やってみて思ったのは、具体的なお手本があると言う事が如何に有り難いか、と言う事です
思えば、小さい頃から「ああいう風になってみたい」と言う具体的な目標がなかなか定まらなかったような気がします
漫然と学校に入って、漫然と大人になって、漫然と仕事について、
でも其れが何故だか「正に水を得た魚」と評価されるに至って
今でも思うのですけど、私はリアル上司、特に直上の上司には本当に恵まれたんですよね
なんだかんだと独り突っ走る私を(生?)暖かくフォローし、時には厳しく指導し、時には懇々と諭し、適度に泳がしながら、本当に上手く働かせてくれました
色々な事を多方面で教わりましたよ
元々考える事が大好きな私に「考えるとはこう言う事」と言う実務を見せてくれたのも歴代の上長達です
仕事柄、楽しい事ばかり考える訳にはいきません
寧ろその逆です
物事を解決するには綺麗事だけでは刃が立たない、と身をもって知る事になりましたから
時には権謀術数を巡らし、時には相手を誉め殺し、時には心理戦に持ち込み、と言った「策略を"考える"」と言う事もその時教えて頂きました
この時期ですね
物事には必ず二面性があると身をもって感じ、また諄い位言われたのは
物事という奴には二面処か三面も四面もある時がある
必ず多方面から検証せよ
双方の言い分を聞け
成るべく多くの意見を聞け
必ず自分の意見を保ち、其の都度確認せよ
良く考えろ
感情に流されるな
話は真摯に聞け、だが常に頭は"冷やして"おけ
だからなんでしょうね
理想の上司が「メギウス警視」であったり、どうにも溜まらなく好きなキャラクターが「沖田艦長」なのは
只、沖田艦長の場合、沖田十三というキャラクターに惚れる前に、艦長と言う職、立場に惹かれたんだろうと思います
此の辺りの根っ子は多分「海底2万里」のネモ艦長由来なんじゃないかな
実はすっかり忘れていたのですけど、あのお話を読んで海に、艦に思いを馳せ、ネモ艦長に憧れた幼い自分を思い出す事が出来ましたから
沖田の場合、正確には「理想の上官」なのではなく「私の憧れ」なんだと思います
ああいう風に振る舞いたい
何かあっても彼のように、常に冷静沈着で平常心を失わず、諦めず、最後の最後まで立ち向かう
そんな人になりたいのだと思います
世の人からは「2次元」のキャラクターに憧れてどうするよ、と笑われるかも知れません
只、私はリアルで彼のような人が居るのを知っています
彼等は色んな意味で私の道標であり、目標であり、人生の、生きていく上の”師”、でもあり、"目標"でもあります

Szell   Lempegazraster_2
   <人生の師>           と    <思考の師>

一つ大きな難点がありましてね
彼等、余りにも私からは遠くて遙か高みの彼方の存在なのですよ
名実共に
其れこそ大マゼラン銀河より遙か彼方にいらしゃいます (笑)
お二人とも鬼籍に入られて久しいですし、何より色々と追いつくにはまだまだまだまだまだまだ、、、、、
私の力量が全然足りていません
知識も足りていません
経験も、思索も、検証も、何もかもが足りません
仮に今逢ったとしても私は彼等に掛ける言葉も無ければ、彼等の言葉の本質を察する事すら出来ないでしょう
その位、遠い彼方の存在なんですよ
個人的には何時か私が彼方に逝った時、其の公演の、其の講義の、末席に座れれば、とは思っていますが、、、、、
間に合うのかな?こんな調子で、、、(笑)
だから、沖田艦長は彼等よりもっと身近で、もっと判り易く、目標にし易いんですね、私にとって

憧れた人に恥じない生き方がしたい
最近、そんな事を考えるようになりました
そう考え始めてから自然と背筋が伸び、きびきびと動く事が出来るようになりました
具体的な目標が出来て、と言うか、見えて、気が楽になる
私も歳を取った物です(笑)

まぁ私自身が古代や島より沖田の年齢に近くなってしまったのも一因でしょうしね

ま、そんな訳で(どーゆー訳だ?)暫く「宇宙戦艦ヤマト2199」ネタが続きます
宜しければお付き合い下さい

Yamato2199overture

|
|

« 理想の上司 | トップページ | メ号作戦についての考察 纏め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/54641862

この記事へのトラックバック一覧です: 畏敬:

« 理想の上司 | トップページ | メ号作戦についての考察 纏め »