« プロの見解 | トップページ | アマノイワト  ヒラク »

ネタとしては非常に面白いと思うよ

フム
なかなかHELLSING脳に成れないのだ
実は地味に困っていたりする
前々から予告しているし、自分でもちゃんと書き上げたいと思っている「アンデルセン考」が少しも進まない
折角、新人君が配属されたというのに、満足にHELLSING OVAが見られないのだ
あ、そうそう
騙し騙し使っていたと言うか、酷使していたと言うか、我慢していたと言うか、、、
なディスプレイ殿が先日のとある夜、等々みまかられましてですね
まぁ、かれこれ1ヶ月以上「貞子降臨!」状態(砂嵐とも言うらしいw)だったのですが、とうとう画像が荒れるどころか、文字が判読不能に陥りましてですね
流石にもう「Give Up!!!」と相成り果てました
なので、迅速な新人の配属を!と司令部(旦那とも言う)に要望致しましたところ
流石は、仕事が速い時は本当に早い、我が司令部
三日後にはピカピカの新人君が、黒い猫に乗って現れ無事、着任したのである
ヤレヤレと思ったのもつかの間
なんつーか
新任君、典型的な「今時の子」でして、余りに前任者と違い過ぎてですね
使役する側である私の方がオロオロしている始末である
着任1週間経った本日辺りよりやっと「慣れて」来た
何が違うって、画面がやたら大きいんですよね
今のディスプレイって皆地デジ対応サイズになっているから、今まで使っていた画面と比べると”無駄に”横長に感じられる
やっと最近、右下端にDVDを再生しながら、左端から中央に掛けてで文章を書いたり見たりする事が出来るようになった
因みに今は「HELLSING OVAⅤ巻」の再生中である
正に今、少佐が「乾杯!(プロージット)」と言って、グラスを割りV-1改が出撃して征った所
まぁ、新人君
流石の画質なんで色々と以前見付けたyoutubeの画像とか、(HELLSING以外の)DVDなんかをポツポツ見ながら、試運転を楽しんでいた次第
そんな中で、以前、コレと言った目的もなくyoutubeをウロウロしていたら、こんなとんでも無い、と言うか、まぁ色んな意味で良くこんなの作ったな(笑)と言う物を見付けた
其の余りの「無駄なクォリティの高さ」と「徒に出来が良い」事に大笑いしつつ
「何気に両国の確信というか、良くも悪くも双方の精神の神髄を突いている事に舌を巻かざるを得なかった

そんな色々な意味で以上に興味深い作品が此方

<米国人が想像したとてつもない日本>

携帯からは此方
http://www.youtube.com/watch?v=x8zYoU0QW6o&feature=player_embedded

もしも~し、途中”ベトナム”混じってませんか?
つーか、何処まで君達「侍好き」なの 
なんか、可成りと言うか、色んな物がごたまぜになってますな
矢っ張りなんですかねぇ
日本=ハイテク=巨大ロボ
でもって、
忍者=刺客、侍=武装集団
なんでしょ~か ^^;
海からやって来る軍艦が「ヤマト」に似ているのは最早デフォですかな?
って言うか
矢張り日本がもたらす脅威って矢張り「海」から来るのね、、、とか思ったり
なんですかねぇ~
本当にハリウッドで「制作」しそうで怖いですわ
つーか、映画になったらなったで面白そうではあるのだけれどw
なにせ「娯楽」、特に「楽しませる」事に関して、彼の国は「プロ」ですからね
何にも深く考えず「愉しめる=エンターティメント」な物には、成るかも知れません
興行的に成功するか否か、は、まぁ、色々と微妙だとは思いますけど

次に、逆な立場からの「逆襲」な作品

<日本人が想像したとてつもない米国>


携帯からは此方
http://www.youtube.com/watch?v=BtywQ1xyoE0&feature=player_embedded

『オケィイ、レェッツツ、パァリィィィィィィィイイイイイイイイイ~!!!』
いやあぁ、これぞ"アメリカ"ですなぁ ^^;
以前「エア・フォース・ワン」を観た時の違和感が、まんま此処に在ります
アメリカ合衆国大統領というのは、そのまま「アメリカンヒーロー」な訳なんですね
1人のヒーロー(大統領)と1人の秘書(=美人で才女、そして多分スタイルは峰不二子w)、そして、ライバルと言うか、対抗組織の首領=悪役(副大統領=嘗ての右腕)と言う図式
まぁ、何というか 実に判り易い構図である
でもって、大統領は危機に臨んでもノリノリで、修羅場に於いてもアメリカンジョークを連発し、決め台詞は「私はアメリカ大統領だ~!!」

もうぅね
水戸黄門の「控え居ろう!此処におわすを誰と心得る!」
遠山の金さんの「この桜吹雪が目にはいらねぇか!」
桃太郎侍の「ひとつ、この世の生き血をすすり、、、退治てくれよう、桃太郎」
なんかと同一のファンタジーですな
否、こう言うファンタジックな時代劇大好きなんですけどね
そういえば、超有名な時代劇にトリビュートされて作られた、超有名な西部劇がありましたっけ

なんだかんだ言って、実は同じ嗜好の持ち主なんでしょうか
彼の国と私達は、、、^^;;
娯楽って言う物の根は、実はとても単純で人類共通なのかも知れません

さてさて、本気で「アンデルセン考」書かなくっちゃ
って言うか、先ずはもう一度御降臨願わなくては、、、^^;

51yqxgqehrl__sx350__2

|
|

« プロの見解 | トップページ | アマノイワト  ヒラク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/54561479

この記事へのトラックバック一覧です: ネタとしては非常に面白いと思うよ:

« プロの見解 | トップページ | アマノイワト  ヒラク »