« 追悼 | トップページ | 「HELLSING」 Ⅳ »

「序章」

2月15日、遂に「HELLSING」OVA Ⅸ が、珍しく予定どおりの日付で発売
amazonで予約を掛けて居た私の手元に件のDVDが到着したのは、翌16日の午後だった
これはまぁ、何時もの事で、と云うか、何故amazonは発売日当日に手元に到着しないのだ?
毎度毎度思うのだが、是では「予約」の意味が無かろう
普通発売日当日に「確実」に読みたい、或いは観たい、つまりは「当日絶対手に入れたい」からわざわざ事前に「予約」するのではないのか
其れを何故発売日に発送しとるんじゃい、、、とイライラする事丸一日半
来ました、来ました、来ましたよ~
んでもって、何ですか? 此の表装は?!
え゛? 年末発売の予定が間に合わなくなって、どうせ遅れるのなら「祝・復活バレンタイン兄!」だからバレンタインデーにしちまえ!、、、と?
その為にわざわざ「こんな」表装を書き下ろしですか? 画伯は!

Ca3k0023
     <「こんな」表装>
原作者を初めスタッフ一同どんだけファンを愉しませて呉れる積もりなんですか!
で毎度恒例のオマケ漫画に「ぶるぇ~い」って、、、
とうとう公式になっちゃったんですか、アレは
Anderson_2
なんか果てしなく、、、、、、orz、、、、、、な気分です

さてさて、ジョークな部分はさておき、此の「HELLSING」OVA Ⅸ なんですが、物語は絶讃佳境へと、というか、凄惨にして壮絶な方向へ進行している、その真っ直中の巻なんですね
Ⅸ巻の大きな山場の一つが「アンデルセンの死」です
以前、何度か書きましたけど、OVAでアンデルセンの声を当てているのは「強力若本」こと「若本 規夫(わかもと のりお)」氏です
一般的には、サザエさんの穴子さんとかDBのセルとかが有名ですかね
個人的にはロイエンタールの人なんですが
で、此の強力若本氏、ちょっとwiki君に尋ねてみれば判るのですが、結構個性的な来歴の持ち主で、少林寺や剣道の有段者であり、更には古武道の師範代免許とか持っていらっしゃる
まぁ色んな意味で「凄い方」です
最近はなんと言うか「壊れた」台詞が多いように思いますけど、基本は「健康(=元気)」な大人を演じていらっしゃいますし、何よりご本人が「すこぶる健康的」でいらっしゃいますから当然「壊れていても何処か健康的」なんですね
原作を読むと判るのですが「HELLSING」って台詞回しが独特な上に台詞自体が長いです「聖書」等の引用も多いですから、可成り台詞としては難しい部類に入ると思います
其れを結構短い間尺で話さなければならないシーンが多いんですよ
この辺り「流石は強力若本!」と唸る場面が多々ありました
其れを踏まえて、と言うか、其処は重々承知の上で、再度言います
『アンデルセンの最初(Ⅰ巻登場シーン)と最期(Ⅷ巻~Ⅸ巻)は”野沢那智”が良かった』、、、と

で、今回本題の「アンデルセン考」へ入る前にちょっと復讐を、ぢゃねぇ、復習をば
過去に上げた「HELLSING」日記を下記に一括リンクしてみました
ご参考までに、と言うか、見てない方は是非見て下さい (笑)

「HELLSING」 Ⅰ (画像追加有り)
「HELLSING」 Ⅱ
「HELLSING」 Ⅲ   追加画像あり

アンデルセンを演じた2人の声優

神父、降臨す
「神父、降臨す」ver.Ⅱ

51yqxgqehrl__sx350_
   OVA Ⅸ巻 「初回限定版」

519gktedq4l__sl500_aa300__4
         「通常版」


   

|
|

« 追悼 | トップページ | 「HELLSING」 Ⅳ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/54029642

この記事へのトラックバック一覧です: 「序章」:

« 追悼 | トップページ | 「HELLSING」 Ⅳ »