« ケルトと言えば思い出す | トップページ | 大いなる勘違い »

疑いを持つと謂う事 其の弐

なんだかんだで、1週間以上間が開いてしまいましたよ、、、orz

本当は前回の日記に続けてこの日記を上げる予定で居ました
まぁ、開いてしまった物は仕方がありません
ちょっとだけ前回のおさらいを、、、、、

先ず、題材は某みぃSNSニュースに上がっていた記事
是がまぁ色んな意味で”トンデモ”だったというお話
全く持って「プロの記者の書いた「記事」」とは、とてもとてもとても思えない稚拙な内容とリサーチ不足の賜であったということから、少しでも疑問に思ったら自分で一寸調べてみましょう、そうすると思いがけない収穫がある物ですよ、、、と言う内容の日記でした
是を踏まえての、今回の日記です
今回は一寸ばかし毒吐きます
ご注意をw

先ずは何も調べず、一切の先入観を持たずに、この動画を観て欲しい




可愛い動画である
仔猫が無邪気に遊んでいる
最後に入る「Crazy Cat's 」と言う、うp主のコメントすら微笑ましい

恐らく、10人見れば8~9人までがそう思うだろう
しかし、である
是がネットニュース、そう某みぃSNSニュースの手に罹るとこんな記事にすり替わる
-----------------------------------
 手に汗握る! ハムスターボールにはまった猫の脱出劇がYouTubeで人気ハムスターボールにすっぽりとはまってしまった猫が脱出しようと奮闘する動画に、思わず「がんばれ!」と声援を送ってしまいます
ハムスターを入れて遊ばせるハムスターボールに、猫がすっぽり入って出られなくなっちゃった――そんなかわいくもハラハラする動画がYouTubeで公開されています。
すっぽりはまって(左)出られなくなって(中央)なんとか脱出!(右)
 動画では、ハムスターボールに興味を持った猫が、中に入り込んでしまいます。出られなくなってしまったことに気づき、入り口から脚や顔を出して外に出ようとしますが、なかなかうまくいきません。ころころ転がりながら脱出しようと奮闘する姿に、見ているこっちも拳を握って「がんばれ! もうちょっと!」と応援モードに。
 なんとか脱出には成功するのですが、その後も興味津々にハムスターボールに頭を突っ込む猫……「こらこら! またはまっちゃうよ!」と思わず画面越しに叱ってしまいそうになります。
 6月に公開されたこの動画、閲覧数は400万を超えています。400万人をハラハラさせるなんて、罪な猫ですね。
リンク先

-----------------------------------
前回の記事は「捏造」では無く「リサーチ不足」に寄る「誤報」というか一種の「誤訳」であった
だが、今回の記事は「捏造」で有る
然も可成りはっきりとした「捏造」に他ならない

、、、っていうか、是見て「可愛そう」だの「ヴィデオ撮ってないでさっさと助けろよ」とか「必死で出ようとしている、、、云々」とか言う”感想”日記を堂々と上げている奴、一体貴様等の何処に目ン玉が付いてんだ?! 脳みそ無いのか? あぁ??
何処から見ても「単に遊んでいる」だけだろうが!
大体常識で考えろよ!「脱出に必死な猫」がそもそも「己の尻尾にじゃれる」か!!
猫を飼った事があるとか無いとか言うレベルの問題では無い
既に常識の問題である

実は、私はこの記事の意図とこの記事を上げた記者の真意を計りかねている
同様にこの記者の上司の其れも同時に
あえてこう言う記事を上げ一体どの位の人が釣れるのかリサーチする為、だったのなら、この内容は判らなくも無い
恐らく、それなりに興味深いデータを取ることが出来ただろう
面白そうだから、是非そのリサーチ結果も併せて公開して頂きたい物だ
だが、他の記事等(同じ様な生き物動画ネタ)を見る限り其処までの深慮があったとは到底思えない
此処からは私の推測なのだが、
この動画の表題は「KITTEN in Hamster Ball stuck in the middle 」である
実は「stuck in the middle」をぐーぐる先生等の自動翻訳に掛けると「途中で立ち往生」と訳されて来る
恐らく、記者はこの記事を書くに当たり、適当にようつべ画像を検索していてたまたまこの動画に行き当たり、表題を「自動翻訳」に掛け「勝手に」内容を「誤解」したのだろう
で、自分の「妄想」をベースに記事を「捏造」したと、、、
そうとしか思えないのだ
もしそうだとしたら、呆れるほかは無い
しかも、もっと呆れるのは、この記事がそのままUPされている事である
チェックはどうなったのだ?
誰もこの動画と記事の内容の違和感に気づかなかったのか?
内容をチェックしていないのだろうか?
是では個人のブログ、否、ツイッターレべルである
「自分の」思った事をそのまま「垂れ流して」居るだけだ

私は例の3.11時のツイッターの惨状を覚えている
無責任な拡散希望に寄る流言飛語やデマの類の横行が凄まじかった
誰も発信元を確認しない、否、しようとすらしないのだ
盲目的に流れて来た情報を「拡散希望」として右から左へと流しまくっている
一寸立ち止まって考えれば、その情報が何かおかしいのに気付ける筈なのに誰も立ち止まろうとしない
是では本当に必要で有益な情報がデマと流言飛語に埋もれてしまう
その情報を必要とする人、場所、或いは機関、組織、何でも良い、に届かなくなってしまう
其れでなくてもこう言う非常時には、デマや流言飛語の類が跋扈し易いというのに
結果、大勢の人の命が危険に曝されるかも知れないというのに
最悪、暴動やパニックが起こるかも知れないというのに
誰もあえて情報の流れを止めようとしない

その時書いてUPした「何もしない勇気」と言う日記で触れているが、情報は諸刃の武器である
正しく扱わねば人を殺しかねない
当然、己にも刃は返って来る

だから情報を発信する際は、慎重で有らねばならないと思っている
まして、地震、津波等の非常時に行う情報の発信は細心の注意を払うべきであろう
当然、発信者としての責任も負わねばならない
例え其れが「何処かの誰か」のコトバを”拡散”する為だけであったとしても、だ

所が、だ
本来こうした情報を扱う上で最前線に立ち、もっとも情報の見極めをし、注意しなければならない立場の連中がこのザマである
今回や前回取り上げた記事を見ても判るように、とてもじゃないがそんな”労力”を払っているとは到底思えない
今回の仔猫の動画に対する記事の酷さは色んな意味で非常に判りやすい例だと思う
もう完全に「思い込み」だけで書いているのが透けて見える
其処には只の1回の”検証”も無ければ、事実に裏付けられた”証左”も無い
是が記事という文章を書いて金銭を得る、即ち”生業”としている者の”仕事”であろうか

流石にこれだけ分かり易い例だと「あれ?なんかおかしくね?」と思う人が相当数いた
そう、貴方達の感性が正しい
記事に流されるな
自分の感性を信じ、疑問を感じたら調べてみる事である
単一で一方向からの情報ほど役に立たない物は無いし、時には害悪ですら有るのだから

終わりにこの動画の「無修正ver.」を張っておく
決して「ハムスターボールにはまった猫の脱出劇」なんかでは無い事が一目瞭然である

|
|

« ケルトと言えば思い出す | トップページ | 大いなる勘違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/53240378

この記事へのトラックバック一覧です: 疑いを持つと謂う事 其の弐:

« ケルトと言えば思い出す | トップページ | 大いなる勘違い »