« 気持ちは判る | トップページ | 閑話休題 »

うおぅ!!

<<この日記は可成り以前mixiにUPした物を大幅に加筆、推敲したものです>>

やっぱり ガメラ3のガメラは格好良いわ~!!
413p8m0s0wl__sl500_aa300_

あ、ごめんなさい、ごめんなさい (平謝り)
コメントのレスも付けずにガメラのDVD観てました!(汗)
平成ガメラBOX 全5巻 ぶっ続けで観てました!!(滝汗)
大好きな場面をかなり繰り返して観てました!!!(激汗)

あ~ でも気持ち良かった~~
年末から観たくて仕方がなかったんですよ

もともとゴジラよりガメラ派(そんなのあるのか?)なんですが、年末 急にガメラ3が観たくてたまらなくなったんですね
イソイソと久し振りのTUTAYAへ
ところが・・・ナイ!
どこ探しても・・・ナイ!!
あるのは「小さき勇者たち」ばっか・・・
ざけんな! ケヅメはガメラぢゃねぇ!!
あたしが観たいのは格好良いガメラの哀愁を帯びた背中なんだ!
重い責任をしょって立ち向かう漢(おとこ)の背中なんだ!!
可愛いケヅメじゃない!!!

因みにガメラのモデルになっているのは「ワニガメ」と言う水棲の亀です
此方↓
115_jpg  Temick_2

典型的な待ち伏せ型の捕食者で、水中で口を開け虫のように見える舌の1部(ま、釣りで云うところのルアーですな)を動かして魚を誘き寄せ捕食します(実際、ワニガメの捕食もルアーリングと云うそうです)
日本では特定危険動物に指定されているので飼育販売には許可が要りますが、世間で云われているほど凶暴な亀ではありません
只、デカイので咬まれれば相当ダメージを食らうでしょう
いずれにしても亀の仲間は水棲陸棲に限らず、またサイズに限らず、咬まれると大怪我になりますので、扱いは十分気をつける必要があります

で、ケヅメと云うのは「ケヅメリクガメ」と言う種類の陸棲の亀の事です
此方↓
Kedsumeriku_2

完全草食で陽気な性格をした温厚なリクガメで、ペットタートルとしてはとても優秀です
只、成長が早くあっという間に大きくなり甲長60cmを超えてしまいます
飼育には保温設備が必須で日本の自然下では越冬できません(因みにリクガメの仲間は冬眠出来無い)
尚、亀の甲羅は”外せません”ので、脱ぐ事は出来ません
→当たり前のようですが、時折真顔で尋ねられる事があるんですよ(汗)

てな訳で一人プリプリしながらTUTAYAを出て、DVDショップを数軒当たるも収穫無し
仕方がないからAmazonで検索するも思う物がHITせず
半分諦めかけたところでふとヤフオクを想い出し、検索
結構HITしてくれました
手頃なお値段のをとりあえず落札
やっと観られたと言うわけです
ヤレヤレ

改めて ガメラ3のガメラって格好良い(はぁと)
Imagescaythnl1

特に雲海上の空中戦からが大好きで繰り返し観てしまいました
あと、渋谷におりるシーンも(はぁと×2)

小さい頃から怪獣好きの恐竜大好き人間です
ああいうのを見せられるとたまりませんわ
でも ジュラシックパーク(テーマやアイデアは面白いと思う・小説の方は楽しく読みましたよ)やGODZILLAはダメなんです
そもそもゴジラはT-rexじゃないし・・・

T-rexというのは「Tyrannosaurus rex 」の略でティラノサウルス(学名:genus Tyrannosaurus)の愛称ですね

此方↓
20090401192521_01_400  Fdf101_top_1

恐竜小僧の永遠の憧れですよ、T-rexは
私だって一時期嵌りましたからね
よく知られている割には謎の多い恐竜です
まぁ、恐竜全般、謎だらけなんですが、、、(笑)
恐竜と怪獣は違います
ゴジラやガメラは怪獣です
恐竜ではありません
アイデアの元からして違います
「身長50メートルの怪獣ゴジラは人間にとっての恐怖の対象であると同時に、「核の落とし子」「人間が生み出した恐怖の象徴」として描かれた。また核兵器という人間が生み出したものによって現れた怪獣が、人間の手で葬られるという人間の身勝手さを表現した作品となった」とwikiにも有るように、出自は人間のエゴなんですね
だから、地球でその繁栄の一時代を築き、嘗て跋扈していた実在の生物”恐竜”の様な健全性はゴジラにはありません
ノタノタ歩き回って建物をヒトが造った人工の杜を壊して廻る破壊神でなくてはならないのです
颯爽と狩りをするT-rexじゃ駄目なんですよ
因みにゴジラが実在するとして計算すると、動けないどころかまともに立てないそうですが(笑)
あ、因みにゴジラって「ゴリラ」と「クジラ」から出来た造語で、あの有名な鳴き声は松ヤニを付けた革手袋でコントラバスの弦を擦り、其れを逆再生して造っているそうです
尚、怪獣ゴジラにちなんで名付けられた「ゴジラサウルス」という恐竜は、実在します
<ゴジラサウルス(Gojirasaurus)は中生代三畳紀の北アメリカに棲息していた獣脚類コエロフィシス科に属する中型肉食恐竜である> by wiki
此方、復元図↓
A_7213_

根がアナログ人間な性かCGオンパレードなのって苦手、と言うかダメですね
だからスターウォーズも途中から見ていられなくなっちゃったし
ガメラ3のような特撮とCGと普通の画面が絶妙に混じっているのが、私的には一番心地良いです

あとガメラ3は炎が綺麗です
凄惨なはずなのに炎上する街が美しい
ワンカット、ワンカットが凄く美しいんですよ
B1267da67874b6c7d25f9514ea17a6c6

なんだろう
日本人にしか描けない「美」のような物を其処に感じるんですね
ガメラ3はガメラの設定や物語の構成も面白いと思います
単なる怪獣じゃないところが渋い
<その正体は、超古代文明によって、ギャオスを倒すために、甲羅状の「器」にマナを集めて創り出された、一種の「生体兵器」とされている。基本的に地球を守るために行動しており、守るべき対象は人間ではなく地球そのものとされる> by wiki
その辺り、単なる破壊神のゴジラとは一線を画している様に思うんですね
だからガメラ、特に平成ガメラは時に自衛隊と協力し、時には対立し、人の祈りで復活したり、人との繋がりを断ち切ったり、それでも助けを求める人を助けたりと関係が複雑です
基本、地球の化身なので地球を守るのが大前提ですから「地球環境に害をなす生物を倒すためならしばしば人間を巻き添えにしてしまう」by wiki 訳です
その辺りの確執を描いたのがガメラ3です

Gamera3_3



ガメラ2のレギオンの設定もなかなか面白いんですよ

41vyj2v46fl__sl500_aa300_  Gtal3thumbnail2

設定だの前提だのに拘るSFファンにも十分楽しめる内容だと思います
後、意外な友情出演や大物俳優が出演して居て、ガメラファンの裾野が広い事も伺えます
(ガメラ1・風吹ジュン、ガメラ2・検死官役の養老孟司、エキストラとして大泉洋、鈴井貴之、安田顕、明石英一郎ら、ガメラ3・仲間由紀恵、田口トモロヲ、石丸謙二郎、航空総隊・司令で津川雅彦、等々)


何というのかな
ガメラって祟り神のゴジラとは違って「荒ぶる神」に近い感覚なんですね
こういう生物を描ける日本人って捨てた物じゃないと思うんですよ

只、調べてみたら色々と大人の事情があるようで、今後「ガメラ4」は期待出来ない様ですが いつか3をしのぐ4を作って欲しいと切に願います

 

|
|

« 気持ちは判る | トップページ | 閑話休題 »

コメント

 LIN様、こんにちは。
突然のコメントで、誠に恐れ入ります。はじめまして、私は「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 今回は、「邪神覚醒」および「レギオン襲来」についての詳細な考案を掲載いただきまことにありがとうございました。拙Blogでは従来より、平成ガメラ三部作の鑑賞記事情報をまとめておりまして、この度9月2日付けの更新、
「ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2011/09/02」
中にて、こちらの三部作視聴記を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

投稿: ガメラ医師 | 2011年9月 2日 (金) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184371/52611272

この記事へのトラックバック一覧です: うおぅ!!:

» ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2011/09/02 [ガメラ医師のBlog]
 本日二本目の更新です。一本目「特リボ情報 /09/02 」はこちら。 本項では、「大怪獣空中戦」から「邪神覚醒」までの平成(金子版)ガメラ三部作の鑑賞記事などを、まとめてご紹介しております。 前回更新分の、「金子版視聴記 /08/29 」にはこちらから。  平成三部作の視聴...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 17時58分

« 気持ちは判る | トップページ | 閑話休題 »